ソニーα7SIII|2020年7月29日13時、公式サイトで正式発表か!

トピックス

引用:ソニー

2020年7月16日、ソニーWebサイト(Sony α Universe)にて、α7SII後継機が7月29日午後13時、公式サイトにて発表されるようです。

機種名は「α7SIII」に正式決定したようですね!

 

追伸
海外のソニー公式では、日本時間7月28日23時から配信されます。こちらを閲覧すれば情報を早く入手できます!

スポンサーリンク

α7SIII、海外リーク情報まとめ

sonyalpharumorsサイトによると下記のリーク情報が公開されています。

●高速読み出しが可能な新しい12MPセンサー
●HDMIを介してFHD 240fps、4k120fps 10bit 4:2:2、4K120fps rawを記録
●600mbpsビットレート
●S-LOG3のベースISO 160
デュアルISOなし
●最大ISO 409600(ビデオ)
●16ビットRAW出力
●ソニーはダイナミックレンジを15ストップと主張
●世界最高の解像度の新しい944万ドットEVF(QXGA解像度)
●側面にメッシュがあり、空気を入れる新しいパッシブ(ノイズのない)冷却システム?(耐候性密閉)
●過熱、記録時間制限なし
●UHSIIカードのサポート
●ソニーA7rIVにかなり似ています。
●Sony ZV-1で使用されているような完全な関節式スクリーン。
●7月下旬発表

引用:sonyalpharumors

 

価格とメディアの情報が追加されました

価格は3500ドル、3999ドル、4000ユーロと錯綜中です。

メディアは、SDカードとCFexpress Type Aカードが使えるようです。

 

ボディの写真が流出しました!

変更1:写真を見るとカスタムボタンが変更にされています。

  • 旧型(C1)→ SIII(REC)
  • 旧型(C2)→ SIII(C2)
  • 旧型 (REC) →SIII(C1)

旧型機と混合して使用するとホワイトバランスとフォーカスエアリアの設定で撹乱されそうです。

変更2:フィンダーの接近性センサーの位置が変更

  • 旧型ファインダー上部→SIIIファインダー下部

ようやく夕方の誤作動が解消されるのでしょうか?

業務用機の技術が流用される仮説

このリーク情報から読み解くと、α7SIIIはα第四世代のボディに業務用ラージセンサーカムコーダー「FS7II」のセンサーおよび映像エンジンを搭載したような仕様ですね。

ただし、FS7IIのセンサーサイズは4Kスーパー35mm CMOSセンサーなのでα7SIIIに搭載されるセンサーと異なりそうです。

 

α7SIII=約●●●●万画素 フルフレームセンサー
FS7II=約1160万画素 4K スーパー35mm単板CMOSイメージセンサー

 

撮像素子には約1160万画素 4K スーパー35mm単板CMOSイメージセンサーを搭載。基準ISO感度 ISO2000(S-Log3時)、トータルラチチュード14stopの性能を実現。映画やCMの現場はもちろんのこと、ドキュメンタリー、ブライダル、ロケなど撮影条件の厳しい現場で威力を発揮します。

引用:ソニービジネスソリューション

 

引用:ソニー

コストのかかる「XQDや電子式可変NDフィルター」は省略されそうですね。

 

 

気になる点は、業務用機はコーデックにXAVCを採用してます。αは民生機の位置付けなのでXAVC-Sの格下コーデックで差別化が図られてきましたが、どのようなコーデックになるのでしょうか。

圧縮方式は、H.264を継続するのかH.265になるのか気になります。H.265採用ならXHEVCという名称ですか?

FS7IIはオプション機器を付け足すことでRAWやProRes422収録にも対応できますが、α7SIIIはどのような仕様になるのか気になりますね。

参考までに、4K60PのXAVC Intraを422 10bit(600Mbps)で収録すると、128GBメモリで約22分しか撮影できません。

参考までに600Mbps=75MB/sなので、SDカードはSDXC UHS-II V90が必要です。

お金がかかりますね〜〜

 

追記

SDexpressが採用されるとのリーク情報を目撃しました。

SDexpressはSDカード(UHS-I)と互換性がありますが、UHS-IIと互換性がありません。

ちょっと矛盾しているような気がします。

 

カムコーダー本体での4K(4096×2160/3840×2160)59.94/29.97/23.98p収録に対応。また、用途に合わせて選択できる多彩なコーデックを搭載しています。最新の圧縮技術により高効率と高画質を両立したXAVCフォーマットはグリーンバックやグレーディングなどで威力を発揮するXAVC Intraと、充分な画質を維持しつつ、長時間収録にも対応するXAVC Longを搭載しています。さらにMPEG HD422や別売オプション機器を使用することによってRAWやProRes422収録にも対応。用途やワークフローに応じて最適なフォーマットを選択することができます。

引用:ソニービジネスソリューション

 

参考までに、FS7IIの本体価格は120万円(税別)です。

強気な価格設定でないと良いのですが!

スポンサーリンク

SonyAlphaUniverseに発売予告!

引用:ソニー

ついにバナーが公開されました!

情報は皆無に等しく「Imagination in Motion」と「α7SIII」だけ。

僕はアメリカ語が不自由ですが、動画に想像力を!って訳ですか?

α7SIIIについては、いろいろな噂が飛び交いました。個人的には、クワッドベイヤーセンサーの噂が夢があって期待していたのですが。どの噂が本当のリーク情報だったのか、もうすぐ明らかになりますよね。

個人的に、α7SIIIに投資できる金額は、45万円×0.85ぐらいが限界です。高額だったら動画はα7IIIでもうしこし引っ張り、写真専用で中古のα9を購入しようかなぁ。

詳細が分かり次第、更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました