タムロン新型Eマウントレンズのティザー動画を公開|気になるスペックは?

新製品&ニュース

引用:タムロン https://www.tamron.jp

タムロンがティーザー動画を配信開始

70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)を発売したばかりのタムロンが、2020年5月28日、新型Eマウント用交換レンズの発売を予告するティザー動画を、同社Youtubeチャンネルで公開した。

短編動画は、同社Eマウント用交換レンズのラインナップが映し出され「ミラーレスに、新たな選択肢。」のキャッピコピーが浮かび上がる。その後、新型レンズの外観がベールを放ち「その一本は、どんな風景も緻細に描く。」と言葉を残して終了する内容。

わずか17秒の予告動画だ。

気になるスペックを考察

タムロンは、ニッパチズームとして17mm〜180mmを焦点距離を3本のズームレンズでカバーする大三元シリーズをリリース済みです。

ニッパチ単焦点として、安価な20mm、24mm、35mmの3本も発売済み。

カメラ好きが欲しいと思われる残りのレンズは「ポートレートレンズ、マクロレンズ、超望遠レンズ」ですが、ティザー動画に映し出される外観は「28〜75mmに近似したサイズ」で「ズームレンズ」だ。

というわけで「ポートレートレンズ、マクロレンズ、超望遠レンズ」は候補から消える。

キャッチコピーの「その一本は、どんな風景も緻細に描く。」から推測すると、便利ズームか超高倍率ズームのいずれかの可能性が高い。それていて解像度を保つ。

ちなみにフィルター径は、67mmの可能性が高そう。

候補1 正攻法なら「24~105mm F4」?

どんな風景」=ある程度ズーム倍率が高い

緻細に描く」=画質が良い

このような要素を踏まえると「24mm〜105mm」が候補になる。純正レンズは、お世辞にも安価でないので参入意義は大きい。

ただい、ここ最近のタムロンは、純正レンズと同じ焦点距離を極端に嫌う。大株主さまのご機嫌を伺う必要もありますからね。

となると「28〜120mm F4」が落とし所になる?

候補2 変化球で「24〜240mm F3.5〜6.3」の10倍ズーム?

ニッパチシリーズはすでに構築済みなので、つぎに狙うはトラベル便利スームか?

もともとタムロンは、高倍率ズームを好むメーカーなので「24〜240mm F3.5〜6.3」の10倍ズームを予想。

緻細に描く」がふさわしいのか疑問だが、ありえなくもない。

大株主さまのレンズは設計が古いので参入意義は大きい。

タムロンはソニー資本が入っている

タムロンは、ソニー純正レンズのOEM生産をしているとの噂があり、所有株式数12.07%で2番目の大株主です。

ソニーに対しては「忖度」が働くはずなので、ド直球の「24mm〜105mm」は避ける可能性が高いですよね。

となると・・・笑

追記

ソニーリモアーズのサイトにリーク情報が公開されました。

Leaked: Tamron will announce the new 28-200mm f/2.8-5.6 RXD lens on June 11
引用 https://www.sonyalpharumors.com

サイトに公開された情報によると焦点距離は「28〜200mm」のようです。

引用 https://www.sonyalpharumors.com

絞りはF2.8〜F5.6。この数値は、夜間は28mm側で明るさを稼ぎ、望遠端もF5.6という及第点に収まる数値に納めてきました。

ミラーレス一眼は、レンズの歪みを補正できるメリットがあるので、このようなスペックのレンズが仕上がるのでしょうね。

画質次第では旅行携帯用として人気が出そうですね。また、APS-C機と組み合わすと「換算42〜300mm」の望遠レンズとして利用できます。

6月11日に発表されるようですね、価格はいくらに設定されるか気になりますね!

まとめ

外野が好き勝手、無責任で「あーでもない、こーでもない」と話しているうちが、一番楽しですね。新しい情報があれば、追記します。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました