SONY HDMI外部モニターとして使用できるXperia PRO開発発表

新製品&ニュース

引用:SONY https://www.sony.jp

2020年2月24日、ソニーは、5G対応フマートフォン「Xperia1 II」を、2020年春以降から順次発売することを発表した。同時に、派生商品としてプロフェッショナルの映像撮影に対応する「Xperia PRO」の開発も同時に公開された。

スポンサーリンク
クリックでジャンプ

Xperia PRO 主な特徴

ソニーXperia PROは、映像制作のプロフェュショナル向けソリューションとして企画・開発中の製品。「Xperia1 II」の通話機能やカメラ機能を踏襲しながら、独自機能としてHDM接続に対応し、付加価値を高めた。

この機能を搭載するすることで、ソニーαなどのミラーレス一眼とmicro HDMI接続でき、外部モニターとしても使用可能に。また、5G通信の特徴を活かし、撮影中の映像データを、クラウドやサーバーに高速転送転送できる機能も備える。

モニター部は、21:9の4K有機ディスプレを搭載。リフレッシュレートは90Hz。バッテリーは、4000mAhの大容量バッテリーを内蔵するという。

今回は開発発表にとどまり、発売時期や価格についてのアナウンスは控えられた。

スマホの撮影機能がここまで進化すると、コンパクトデジカメが完全に駆逐されそうで心配です・・・。

スポンサーリンク

まとめ

一般ユーザーにとっては、AE/AF追従最高20コマ/秒の高速連写やZEISSレンズを作用するカメラ性能に注目が集まっていますね。この薄いボディに、コンパクトデジカメを超越するスペックが収まっていることに驚きが隠せません。

私は、外部モニターとして興味があります。映像用モニターは、ATOMSやブラックマジックデザインの製品が定番ですが、「Xperia PRO」がその領域に割って入ることができるでしょうか?

例えば、ATOMOS NINJA Vは、4K60P 10bit HDR 1000nitのスペックで、モリタリングとコーディングに対応します。価格は9万2500円(税別)です。ソニーのことなので強気な価格設定が予想されますが、気になりますよね。

また、外部モニターは電力を消耗します。「Xperia1 II」のバッテリーは、4000mAhの大容量バッテリーを内蔵するようですが、私が現在使用中のASUS Zenfon MAX PRO M2は5000mAh。さほど大容量ではありません。「Xperia PRO」の内蔵バッテリーで、どれぐらい駆動できるか注目です。

最後に「Xperia PRO」はSIMフリーで発売されるのでしょうか? 今後の動向から目が離せません!

タイトルとURLをコピーしました