ソニーα7III 映像撮影重視のおすすめカスタム設定を初公開!

カメラ

ソニーα7IIIを使い始めて、丸2年が経過しました。私の撮影は、現場系のワンマンオペレートなのでスピードが命です。

カスタムメニューの設定は、現場の使いやすさを目指し試行錯誤を繰り返してきました。ようやく理想的なカスタムメニュー設定に仕上がってきました。「写真も動画も撮影する方」におすすめな設定です。

α7IIIは、カスタムメニュー設定の保存ができませんので、メモ帳代わりに残しておきます。写真と動画の切り分けが完璧ではなく、改善点も残されています。

写真撮影だけの方は、使いづらい設定かもしれませんのでご参考程度に留めていただき、流用できるところがあれば活かしてください。

 

ソニーストア

α7III 写真&動画撮影に対応する 現場系カスタムキー仕様

カメラアイコン1

画質/画像サイズ1 画質/画像サイズ2
ファイル形式 RAW+JPEG 長時間NR
RAW記録方式 圧縮 高感度NR
 JPEG画質 エクストラファイン 色空間 sRGB
JPEG画像サイズ L:24W レンズ補正 周辺光量補正 オート
横比率 3:2 倍率色収差補正 オート
ASP/Super 35mm APS-CS35撮影 オート 歪曲収差補正 オート
マニュアル時のAPS-S35撮影 切

写真はRAWとJPEGを同時保存。長時間NRと高感度NRは、有効にすると解像度が低下するのでOFFにします。

撮影モード/ドライブ1 撮影モード/ドライブ2
シーンセレクション カスタム撮影設定登録 未設定
ドライブモード 連続連写 インターバール撮影機能 未設定
ブラケット設定 ブラケット時のセルフタマー 切
ブラケット順序
0→ー→+
MR1/2の呼び出し
MRメディア選択 スロット1
AF1 AF2
フォーカスモード AF制御自動切り替え AF補助光
AF-S時の優先設定 フォーカス優先 中央ボタン/押しロックオンAF
AF-C時の優先設定 バランス優先 顔/瞳AF設定 AF時の顔/瞳優先 切
フォーカスエリア フレキシブルスポットS 検出対象 人物
フォーカスセット 顔検出枠表示 入
縦横フォーカスエリア切換 しない 動物瞳検出枠表示 入
AF被写体追従感度 3(標準)
AFシステム
シャッター半押しAF

フォーカスエリアは「被写体が静止状態の時はフレキブルスポットS、動き物は拡張フレキシブルスポット」を使います。AF-S時の優先設定は、フォーカス優先に設定し、ピントが合致しないとシャッターが切れないようにしています。顔認証は、基本的にOFFです。AF補助光は、イベント撮影時に点灯すると事故になるので必ずOFFです。

AF3 AF4
プリAF AF微調整 AF微調整設定 切
アイスタートAF AF時の絞り駆動
フォーカスエリア登録機能
登録フォーカスエリア消去
フォーカスエリア自動消灯
コンティニアスAFエリア表示

ピントを素早く合致させたいので「プリAF」をON。

露出1 露出2
露出補正 スポット測光位置 中央
露出補正値のリセット リセット 露出値ステップ幅 0.3段
ISO感度 ISO100 シャッター半押しAF オート
ISO AUTO低速限界 1/125 露出基準調整
測光モード 中央重点
マルチ測光時の顔優先

マルチ測光は露出がオーバーになりやすく感じますので、中央重点を選んでいます。ISO AUTO低速限界は1/125に引き上げ、暗所の手ブレを抑えます。

フラッシュ 色/WB/画像処理
フラッシュモード 強制発光 ホワイトバランス オート
露出補正 ±0.0 AWB時の優先設定 標準
露出補正の影響 定常光+フラッシュ DRO/オートHDR
ワイヤレスフラッシュ クリエイティブスタイル スタンダード
赤目軽減発光 ピクチャーエフェクト
外部フラッシュ設定 ピクチャープロファイル PP10/PP4など

フラッシュモードは、使用時には必ず発光させたい強制発光を選びます。

ピント補助 顔検出/撮影補助
ピント拡大 フリッカーレス撮影
ピント拡大時間 2秒 個人顔登録
ピント拡大初期倍率 ×1.0 登録顔優先
ピント拡大中のAF
MFアシスト
ピーキング設定 ピーキング表示 切
ピーキングレベル 中
ピーキング色 ホワイト

カメラアイコン2

動画1 動画2
露出モード マニュアル露出 AF駆動速度 高速
S&Q露出モード マニュアル露出 AF被写体追従感度 敏感
記録方式 XAVC S HD オートスローシャッター
記録方式 30p 50M 音声記録
S&Qスロー&クイック設定 記録設定 30p 音声レベル
フレームレート 120fps 音声レベル表示
プロキシー記録

動画の撮影モードは基本的にマニュアルを使います。露出が目まぐるしく変化する時は「S」を選択して、シャッタースピードを1/60に設定。関東遠征の時は1/100。AF駆動速度とAF被写体追従感度は、レーシングカーを撮影する場合の設定です。

オートスローシャッターは必ずOFF。S&Q設定は、29,97のタイムラインで4倍スローにする設定です。

動画3 シャッター/手ブレ補正
音声出力タイミング ライブ サイレント撮影
風音低減 電子先幕シャッター
マーカー表示 レンズなしレリーズ 許可
マーカー設定 メモリカードなしレリーズ 許可
ビデオライトモード 電源連動 手ぶれ補正
シャッターボタンで動画撮影 する 手ぶれ補正設定 手ブレ補正調整 オート

動画撮影は、シャッターボタンでRECできるように変更しました。

ズーム 表示/オートレビュー1
ズーム DISPボタン 背面モニター
●全情報表示/情報表示なし/ヒストグラム/ファインダー撮影用
ズーム設定 入 全画素超解像ズーム ファインダー
●全情報表示/情報表示なし/ヒストグラム
ズームリング操作方向 FINDER/MONITOR オート
ゼブラ設定 ゼブラ表示 切
ゼブラレベル 70
グリッドライン 方眼
露出設定ガイド
ライブビュー表示 設定効果反映On

C4ボタンで全画素超解像ズームが操作できるように設定。

表示/オートレビュー2 操作カスタム
連写残量表示 表示しない 写真 カスタムキー ※下記別項1−1
オートレビュー 2秒 動画 カスタムキー ※下記別項1−2
再生 カスタムキー ※下記別項1−3
ファンクションメニューに設定 ※下記別項2
ダイヤルの設定 ↑Av ↓Tv
Av/Tvの回転方向 通常

オートレビューは2秒に設定。

カスタムキー

カスタム設定は、動画撮影を優先した設定です。α7IIIの特徴である「全画素超解像ズーム」をC4ボタン、クロップモードをAELボタンに割り振り、瞬時に切り替えれるように設定しました。画質よりもシャッターチャンスを優先した方が、撮れ高が向上します。

写真 カスタムキー ※下記別項1−1
中央ボタン AF時の顔/瞳優先
コントロールホイール 未設定 左ボタン ドライブモード
カスタムボタン1 ホワイトバランス 右ボタン ISO感度
カスタムボタン2 フォーカスエリア 下ボタン モニターの明るさ
カスタムボタン3 フォーカスモード
カスタムボタン4 ズーム AELボタン APS-C35/フルサイズ切換
AF-ONボタン ピント拡大
マルチセレクターの中央ボタン フォーカススタンダード フォーカスホールドボタン フォーカスホールド

 

動画 カスタムキー(異なる点のみ抜粋)※下記別項1−2
フォーカスホールドボタン MOVIE(動画)

動画撮影時、レンズのボタン操作でRECできます。三脚に100400GMを載せた時、右手でパン棒を握ったままレンズ側でRECできます。

再生 カスタムキー設定の詳細 ※下記別項1−3
カスタムボタン1 写真・動画に従う カスタムボタン3 プロテクト
カスタムボタン2 写真・動画に従う Fn/ボタン スマートフォン転送
ファンクションメニュー
ファンクションメニューに表示 ※下記別項2
ファンクション上段1 写真サイレント撮影 ファンクション下段1 マニュアル時のAPS-C25撮影
ファンクション上段2 フrッシュモード ファンクション下段2 手ブレ補正
ファンクション上段3 調光補正 ファンクション下段3 クリエイティブスタイル
ファンクション上段4 ピーキング表示 ファンクション下段4 ピクチャープロファイル
ファンクション上段5 ゼブラ表示 ファンクション下段5 測光モード
ファンクション上段6 録音レベル ファンクション下段6 撮影モード

 

操作カスタム2
ダイヤル露出補正
MOVIE(動画)ボタン 常に有効
操作部のロック
電子音
ファンクションリングレンズ

ネットワーク

ネットワーク1 ネットワーク2
スマートフォン転送機能 転送対象 プロキシーのみ W-Fi設定 ※未設定
パソコン保存 ※未設定 Biuetooth設定 ※未設定
FTP転送機能 ※未設定 位置情報関連設定 ※未設定
テレビ鑑賞 ※未設定 機器名称変更 ILCE-7M3
スマートフォン操作設定 ※未設定 ルート証明書の読み込み
飛行機モード ネットワーク設定リセット
ネットワーク3
Bluetoothリモコン

基本的にデフォルトのままです。

再生

デフォルトのままなので省略しました。

セットアップ

セットアップ1 セットアップ2
モニター明るさ マニュアル 表示画質 高画質
ファインダー明るさ マニュアル パワーセーブ開始時間 2分
ファンダー色温度 ±0 自動電源OFF温度
ガンマ表示アシスト クリーニングモード
音量設定 13 タッチ操作
削除確認画面 「削除」が先

削除確認画面は、削除を優先しました。パワーセーブ開始時間は2分です。動画撮影が強制終了すると事故になるので、自動電源OFF設定は「高」を選択。

セットアップ3 セットアップ4
タッチチパネル/タッチパッド タッチパネル操作のみ 4K映像の出力先
タッチパッド設定 USB接続 オート
デモモード USB LUN設定 マルチ
TC/UB設定 TC/UB表示設定 TC
TC Preset
UB Preset
TC Format DF
TC Run Free Run
TC Make Preset
UB Time Rec 入
USB給電
赤外線リモコン PCリモート設定 静止画の保存先 PCのみ
HDMI設定 HDMI解像度 オート
24p/60p出力切換 60p
HDMI情報表示 なし
TC出力 切
レックコントロール
HDMI機器制御 入

タイムコードは時間を割り当て表示させています。撮影後、撮影時間がわかるのでイベントのタムスケジュールと照らし合わしてイベント内容が調べられます。時計がわりにもなるので一石二鳥。

セットアップ5 セットアップ6
日時設定 サマータイム 切
日時
表示形式 年ー月ー日
記録メディア設定 優先記録メディア スロット1
記録モード 標準
記録メディア自動切換 入
エリア設定 東京 記録フォルダー選択
著作権情報 著作権情報書き込み 切 ファルダー新規作成
フォーマット フォルダー形式 標準形式
ファイル番号 連番 管理ファイル修復
ファイル名設定 A73 メディア残量表示

ファイル名は、カメラが判別できるように「α7III=A73」と変更しました。

セットアップ7
バージョン表示
認証マーク表示
設定リセット

マイメニュー

マイメニュー1 マイメニュー2
動画 露出モード マニュアル露出 動画 記録方式 XAVC S HD
S&Q 露出モード マニュアル露出 動画 記録設定 30p 50M
動画 AF駆動速度 高速 FINDER/MONITOR  オート
動画 AF被写体追従感度 敏感 グリッドライン 方眼
ライブビュー表示 設定効果反映On

撮影現場で頻繁に変更する項目をマイメニューに集約。マイメニューだけで設定変更できます。

まとめ

ここで紹介するカスタムメニュー設定は、ほんの一例にすぎません。

「ここが変」とか「ここを改善した方が良い」などのアドバイスがあれば、貪欲に取り組んでいますので、ご指摘やアドバイスをただけると幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます

ソニーストア

タイトルとURLをコピーしました