Mac

Mac

Topaz Video AI パソコンスペックと処理性能を調査・おすすめPC紹介

Topaz Video AIは、処理時間がとても重いことで有名です。そこで、パソコンのCPUやグラフィックボードの組み合わせで得られる処理性能を、海外情報をもとに調査しました。 ベンチマークを集計すると、グラフィックボードに搭載されるGPU...
Mac

プロカメラマンが使っている写真編集・RAW現像ソフト8選【2024年3月更新】

ブログを書き初めて気づいたのですが、カメラマンの多くは秘密主義の人が多く、個人の現像環境を口外しない傾向にあるそうです。 というわけで、中級者以上にオススメする「2024年版最新ワークフロー」を考えてみました。同じカメラやレンズを使っていた...
Mac

【DxO PureRAW 4】 DeepPRIME XD2導入で画像品質&処理速度向上

2024年3月5日、DxO LabsはRAWデータの品質向上ソフト・PureRAWの最新版「DxO PureRAW 4」をリリースしました。注目は、アルゴリズムを一新したノイズ除去のAIモデル「DeepPRIME XD2」が搭載されたこと。...
Mac

Topaz Labs DeNoise AI 基本操作を簡単解説【敷居の高さを完全克服!】

Text/Photo:ちゃんまさ DeNoise AIはノイズ処理に特化した単一機能アプリとして他の画像アプリの追従を許さない高品質な画像が得られることで定評があります。ノイズ処理能力がスバぬけて高く、業務用途やハイママチュアにとって必要不...
Mac

Topaz DeNoise AI 体験版ダウンロード&購入方法をわかりやすく解説

Text:ちゃんまさ 望遠レンズによる撮影は、解放F値が暗いレンズが多くなるため手ブレを抑えるために高速シャッターを使う傾向にあり、ISO設定も高くなりがちです。キヤノンRFシステムやニコンZシステムは、望遠レンズF値が暗い製品が多く、高I...
Mac

Topaz Sharpen AIで航空機の解像度を極限まで引き出す!

「アンシャープマスク」は、PhotoshopやRaw現像ソフトを導入すれば「標準装備」されるメジャーな機能です。しかし、強めに処理するとノイズが増え、ザラザラした描写が気になりますよね。シャープネス処理に特化したソフトウェア「Topaz S...
Mac

Topaz Sharpen AI 体験版の入手方法と購入方法を解説

飛行機撮影や野鳥撮影は、大気の影響を受けやすい被写体です。100万円オーバーの超高性能&高価格のレンズを購入しても、大気の揺らぎが悪さして、レンズ本来の性能を引き出せません。ボヤッとした、なんとなく甘い写真が量産されてしまった時、シャープネ...
Mac

Sharpen AI 3.3リリース 変更された操作画面を紹介

アンシャープマスクに特化した単一機能のソフトウエア「Topaz Sharpen AI」が、2021年11月、最新バージョン3.3がリリースされました。操作パネルの変更がともなうアップデートになります。日本語情報が皆無に等しい状態だけに、個人...
Mac

【解像マニア直伝】Topaz Sharpen AIの使い方を飛行機で解説

Text/Photo:ちゃんまさ Topaz Shrapen AIは、シャープネス専用ソフトとして一部マニアのあいだで絶大な人気を誇ります。ところが、購入方法が英語表記で、コントロールパネルも日本語化されていないので初心者には「敷居の高いソ...
Mac

【2024年版】Adobe Lightroomの種類・プラン選び・購入方法を解説

RAW現像ソフトの定番ソフト「Adobe Lightroom」ですが、LightroomとLightroom Classicが混在し「違いがわからない!」という声をよく聞きます。 初心者の方がわからない状態で購入すると「Lightroomを...
スポンサーリンク