Illustrator経由の写真出力・カラー設定と出力設定【フォトグラファー向け】

プリント

フォトグラファー御用達のアプリといえばPhotoshopですよね。

カラー調整はPhotoshopの独壇場ですが、文字やロゴを配置する場合はベジェ曲線が使えるIllustratorの方が自由度が増します。写真をデータを補正して、Illustratorに写真を貼り付けることで、高度なデザインに仕上げることができます。

その時に困るのが、プリンタ出力のカラー設定。

この記事を読んでいただければ「正確な色で出力できない問題」を解決できますよ!

スポンサーリンク

Illustratorからの出力にはPSプリンタが必要

いきなり注意事項でスイマセン。

Illustratorからプリント出力する場合「PS(ポストスクリプト)プリンタ」が必要です。家庭用インクジットプリンタには対応機種はありません。

通常のインクジットプリンタでも出力可能ですが、解像度はデスクトップの解像度になるので、高精細な出力はできません。

レーザープリンタの場合も、PS(ポストスクリプト)プリンタを選択しないと対応していません。アドビへのライセンス料が生じるため、価格が高くなります。

スポンサーリンク

PhotosopとIllustratorのカラー設定を合わせる!

画像処理をおこなう前に、PhotoshopとIllustratorの「カラー設定」を統一する必要があります。

 

インクジェットプリンタで出力
「カラー設定」▶︎「作業用スペース」▶︎ RGB :sRGBまたはAdobe RGBを選択

レーザープリンタで出力
「カラー設定」▶︎「作業用スペース」▶︎ CMYK:Japan Color 2001 Coatedを選択

※レーザープリンタ出力の場合、レタッチはRGBモードでおこない保存。印刷時にCMYK変換して出力します。

Illustratorから【インクジェツトプリンタ】に出力

インクジットプリンタは、RGBプリンタなのでCMYKで作成したデータは自動的にカラー変換(RGB→CMYK)されます。

無駄な変換を防ぐため「RGBベース」で制作します。

 

レタッチは【RGB】で作成することを推奨します。

 

PhotoshopとIllustratorのカラー設定

「カラー設定」▶︎「作業用スペース」▶︎ RGB:sRGBまたはAdobe RGBに設定

プリント出力時の設定項目 インクジェットの場合

1.「プリント」▶︎ プリンター:該当プリンタを選択します

2.「カラーマネージメント」を選択

 

【プリントドライバで無補正が選択できる場合】

3.「カラーマネージメント」▶︎「プリント方法」▶︎

カラー処理:Illustratorのカラー設定
RGB :プリンタ用紙のプロファイルを選択
マッチング方法:相対的な色域を維持

※sRGB、Adobe RGB、Japan Color 2001 Coatedを選択するのは間違いになります。

4.「プリンタ」をクリック

5.「カラー・マッチング」▶︎ ドライバ側のカラーマッチングを選択

6.「品位と用紙の種類」▶︎ 用紙や印刷品質を選択

7.「カラーオプション」▶︎ 無補正を選択(エプソンは選択可能?)

工程8に続く

 

【プリントドライバで無補正が選択できない場合 Macユーザーは要注意です!】

3.「カラーマネージメント」▶︎「プリント方法」▶︎

カラー処理:Illustratorのカラー設定
RGB :sRGBまたはAdobe RGB ※Photoshopと同じ設定にする。
マッチング方法:相対的な色域を維持

5.「カラー・マッチング」▶︎ ColorSynk ▶︎ プリンタ用紙のプロファイルを選択

6.「品位と用紙の種類」▶︎ 用紙や印刷品質を選択

工程8に続く

 

8.「用紙サイズ」▶︎「ページ設定」▶︎ 用紙サイズ:ご使用のサイズを選択

この状態でプリントします。

Illustratorから【レーザープリンタ】に出力

レーザープリンタは、CMYKプリンタなのでRGBで作成したデータは自動的にカラー変換(CMYK→RGB)され出力されます。無駄な変換を防ぐためCMYKベースで制作します。

データは【CMYK】で作成することを推奨します。

 

PhotoshopとIllustratorのカラー設定

「カラー設定」▶︎「作業用スペース」▶︎ CMYK:Japan Color 2001 Coatedに設定

プリント出力時の設定項目 レーザープリンタの場合

1.「プリント」▶︎ プリンター:該当プリンタを選択します

2.「カラーマネージメント」を選択

3.「カラーマネージメント」▶︎「プリント方法」▶︎

  • カラー処理:Illustratorのカラー設定
  • RGB :プリンタ用紙のプロファイルを選択
  • マッチング方法:相対的な色域を維持

※sRGB、Adobe RGB、Japan Color 2001 Coatedを選択するのは間違いになります。

4.「プリンタ」をクリック

5.「カラー・マッチング」▶︎ ドライバ側のカラーマッチングを選択

6.「品位と用紙の種類」▶︎ 用紙や印刷品質を選択

7.「カラーオプション」▶︎ 無補正を選択

※OKIデータのマイクロラインは無補正が選択可能。

8.「用紙サイズ」▶︎「ページ設定」▶︎ 用紙サイズ:ご使用のサイズを選択

この状態でプリントします。

まとめ

Illustratorからの出力には「ポストスクリプト対応プリンタ」が必要なので、プリント出力の敷居が高くなります。

僕のブログのサムネール画像は、すべてIllustratorで作成しています。デザイン自由度が増すのでオススメですよ。

最後までお読みいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました