写真プリントに適した解像度|高画質を引き出す設定方法を解説

プリント

ミラーレス一眼で撮影した写真をプリントするとき、フルサイズのまま印刷していませんか?

解像度とサイズ設定を最適化することで、本来の高品位印刷できる可能性があります。ちょっとしたひと手間を惜しまず、最高品質を引き出しましょう!

プリント別おすすめ解像度

プリントに適した画像解像度と画像サイズを抜粋しました。

インクジェットプリンターによる出力

推奨画像解像度:300dpi

最新のインクジットプリンタは2000dpi近くの解像度を持っています。ソフトウエアで解像度を高く設定しても、ソフトウエアの設定や使用により2000dpiで出力されているとは限りません。

試しにPhotoshopから1000dpiの高精細でインクジットプリンタから出力しましたが、300dpi出力と大差ありませんでした。

お店写真プリント 銀塩プリントやセルフプリント機

推奨画像解像度:300dpi

富士フィルムのフロンティアは、一般的に300dpiの解像度に設定されているようです。こだわりのショップさんの場合、解像度を高く設定している場合があります。

しかし、お店プリントは露光式なので、インクジェットプリンタよりも解像度は劣ります。

大きなサイズで納品してもお店側のサーバで自動縮小されますが、アシャープマスクが弱くなる傾向があります。

商業印刷

推奨画像解像度:350dpi(カラー) 600〜1200dpi(白黒)

一般の方が利用する機会が少なと思われますが、パンフレットや冊子をCMYK印刷機で印刷する場合に適した解像度です。スクリーン線数の2倍の解像度で納品するのが一般的です。

スクリーン線数は通常175線なので、360dpiとうことになります。

大きなサイズで納品しても印刷会社側のサーバで自動縮小されますが、アシャープマスクが弱くなる傾向があります。

参考:WEB掲載用(ブログなど)

画像解像度:等倍ピクセル ※あえて設定するなら72dpi96dpiですかね。

印刷サイズ別おすすめサイズ&解像度一覧

印刷サイズに必要な画像解像度と画像サイズ(ピクセル数)の一覧を作成しました。

印刷サイズ(mm) インクジット出力
画像解像度:300dpi
お店写真プリント
画像解像度:300dpi
商業印刷(カラーの場合)
画像解像度:350dpi
L版 89×127mm 1051×1500px 1051×1500px 1226×1750px
KG 102×152mm 1204×1795px 1204×1795px 1405×2094px
2L版 127×178mm 1500×2102px 1500×2102px 1750×2452px
6切 203×254mm 2397×3000px 2397×3000px 2797×3500px
4切 254×305mm 3000×3602px 3000×3602px 3500×4202px
半切 356×432mm 4294×5102px 4294×5102px 4905×5952px
全紙 457×560mm 5387×6614px 5387×6614px 6296×7716px
A4 210×297mm 2480×3507px 2480×3507px 2893×4092px
A3 297×420mm 3507×4960px 3507×4960px 4092×5787px
はがき 100×148mm 1181×1748px 1181×1748px 1377×2039px

※サイズをぴったり合わせる必要はありません。

※印刷時に見切れる部分も考慮して1割増しぐらいの大きさに変換するとベストです。

画像サイズを確認・変更する方法は?

デジカメで撮影した写真は「72dpi」に設定されてることがほとんどです。

解像度を300dpiや350dpiに高めて、印刷サイズに適した画像サイズ(ピクセル数)に変換する必要があります。

MacOSX 10.5以降は「プレビュー」で確認・変更できる

MacOSXの場合、OS付帯の「プレビュー」アプリで解像度の確認や変更が行えます。無料で変更できるのはうれしですね。

作業手順

画像をコピーします。

コピーした画像をプレビューで開きます。

サイズを確認
「ツール」→「インスペクタ」を選択します。

一般情報インスペクタの画面が自動的に表示されます。
解像度(イメージのDPIの数値)やピクセル数(イメージサイズ)の項目で確認できます。

サイズを変更
「ツール」→「サイズを調整」を選択します。

調整画面が自動的に表示されます。

サイズを合わせるで「カスタム」を選択し、「縦横比を固定」と「イメージを再サンプル」にチェックが入っていることを確認します。

解像度を変換したい数値に書き換えます。

OKボタンを押すと作業完了です。

※実画像で画像サイズを変更すると「別名保存」できないため、実画像のサイズが変更されまる。コピーした画像で処理しましょう。

Photoshopで変更する場合

Photoshopを持ってればなんでもできますね! 魔法のツールです。

作業手順 CS6なのでCCは変更されているかも知れません

画像を開きます。

サイズを確認
「イメージ」→「画像解像度」を選択します。
画像解像度の画面で「ドキュメントのサイズ:解像度の指定」→「ピクセル数:数値の指定」の順序で数値を記入します。

「OK」を押す。

別名で保存
「ファイル」→「別名で保存」を選択します。

名前を変更して保存します。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます

 

「フォトグラファーのための写真出力入門 出力方法を一から学ぼう」に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました