ソニーEマウントレンズの冒頭「FEとE」の違いはなに?

レンズ

キヤノンやニコンのカメラをお使いの方がソニーαへ移行する時、最初に戸惑うのが、複雑なレンズ名称。筆者もニコンからのマウント替えを検討していた時、相当〜悩みました。

1製品に2つの名称が付けられているので「仕様の異なる2本のレンズが存在するの?」と勘違いしていまたからね。おバカさんですね〜〜〜。

とくに初心者の方は混乱するハズ。

というわけで、人気のソニーEマウントレンズ「名称の仕組み」を勉強してみた。

1つのレンズに「2つの呼称」があるのが わかりづらい要因

ソニーEマウントレンズの一例を挙げてみましょう。

「ズームレンズ」の場合の表記方法

「SEL1635GM」と「FE 16-35mm F2.8 GM」の表記を併用。

SEL1636GM「製品型名」、FE 16-35mm F2.8 GMは「名称」です。

「単焦点レンズ」の場合の表記方法

「SEL20F18G」と「FE 20mm F1.8 G」の表記を併用。

SEL20F18G「製品型名」、FE 20mm F1.8 Gは「名称」です。

ソニーは「製品型名」をメインで使用している

ソニーでは「製品型名」をメインに使用しているようです。単焦点レンズは「Eマウントレンズ+焦点距離+開放絞り値+グレード」で構成されているので、商品型名でもおおよそ判別できます。

しかし、です。

ズームレンズの製品型名は「Eマウントレンズ+焦点距離+グレード」を基本に構成されています。

「絞り値」と「フレームサイズ」が不明な点は問題ないのでしょうか。

Aマウントレンズが加わると、さらに煩わしさが増幅されます。

ソニーEマウントレンズ 「製品型名」の基本ルール

「製品型名」の仕組みを紹介します。基本的には①〜④の要素で構成されています。

① 「SEL」 → ソニーEマウントとパワーズームの有無を表記

Eマウント Eマウントパワーズーム付き
記載方法 例:SEL 例:SELP
製品型名の冒頭にSALと記載される製品は、ソニーAマウント用レンズです。ソニーEマウントを採用する機種(α7シリーズ、α9シリーズ、α6000シリーズ)とは互換性がありません。オークションや中古品などを間違って購入しないようご注意ください。

② 「600」 → 焦点距離とレンズタイプ

通常 ズーム マクロレンズ テレコン フィッシュアイ
コンバーター
ウルトラワイド
コンバーター
記載方法 例:1635 例:600 例:90M 例:20TC 例:057FEC 例:075UWC
※APS-C用フィッシュアイコンバーター(VCL-ECF2)とウルトラワイドコンバーター(VCL-ECU2)は、イレギュラーで表示。

③ 「F40」 → 開放絞り値

単焦点レンズ ズームレンズ
記載方法 例:F40 非表示
ズームレンズは開放絞り値が非表示。分かりづらいですね。

④ 「GM」 → レンズグレード

G MASTER Lens G Lens ZRISS Lens 不明 不明
記載方法 例:GM 例:G 例:Z 例:LE 例:F
「LE」と「F」は、検索しましたが、何しを指しているのかわかりませんでした。
追記 「LE」ライトエディション、「F」はフルサイズのようです。製品型名ではフォーマットサイズや仕様の違いが表現できないの矛盾が発生し、その場凌ぎで対応が迫られているようですね。

問題点

先ほども指摘しましたが、ソニーEマウントレンズは「SEL」と表記されるだけで「35mmフルサイズ対応品」か「APS-Cフォーマット専用品」の判別がつきません。また、ズームレンズは絞り値の記載が欠落していて共通性が図られていません。

ソニーEマウントレンズ 「名称」の基本ルール

「名称」の仕組みを紹介します。基本的にはⒶ〜Ⓗの要素で構成されています。

Ⓐ「Vario-Tessar T*」 → ZRISSレンズの名称を表記

Vario-Tessar Distagon Sonnar Planar
記載方法 例:Vario-Tessar T* 例:Distagon T* 例:Sonnar T* 例:Planar T*

※ T*はコーティングを表します。

Ⓑ「FE」 → SONY製レンズ&対応フレームサイズを表記

35mmフルサイズ APS-Cフォーマット
記載方法 例:FE 例:E

Ⓒ「PZ」 → パワーズーム機能の有無を表記

パワーズーム搭載 パワーズーム非搭載
記載方法 例:PZ 無表記

Ⓓ「Macro」 → マクロレンズを表記

マクロレンズ 標準的なレンズ
記載方法 例:Macro 無表記

Ⓔ「100-400mm」 → 焦点距離を表記

単焦点レンズ ズームレンズ
記載方法 例:400mm 例:100-400mm

Ⓕ「F4.5-5.6」 → 開放絞り値を表記

絞り値固定 絞り値固定
記載方法 例:F2.8 例:F4.5-5.6

Ⓖ「GM」 → レンズグレードを表記

G MASTER Lens G Lens ZRISS Lens その他レンズ
記載方法 例:GM 例:G 例:ZA 無表示

※ ZRISS Lensは製品

Ⓗ「OSS」 → レンズ内手ぶれ補正機能の有無を表記

レンズ内手ぶれ補正機能搭載 レンズ内手ぶれ補正機能搭載
記載方法 例:OSS 無表記

まとめ

ソニーαのレンズ表示は、ほんと〜ぉ〜、わかりづらいですよね。

原稿を執筆していても、矛盾点に「おいっ そこちゃうやろ!」と不自由な大阪弁でツッコミたくなります。経営不振のミノルタをソニーが買収した経緯があるので、仕方ないのかも知れませんね。

もうすこし整理していただけると、ユーザーは助かるのですが。

最後までお読み頂きありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました