Chan-masa Studio

撮影スポット

【小松基地 RW06エンド】絶対に失敗しないカメラマン情報

小松空港がRW06運用の時、おもに着陸の撮影に適している撮影スポットがRW06エンドです。スカイパークこまつ共生の丘と比較すると、滑走路までの距離が遠く周囲の森林が視界を遮りますが、着陸態勢の航空機を中心に撮影することができます。 ...
撮影スポット

【小松空港展望デッキ】カメラマン向け撮影スポット情報

小松空港の航空機撮影で絶対に外せない撮影ポイントが小松空港・展望デッキです。空港駐車場を利用すれば、1日400円で撮影し放題! ターミナルビル内は空調完備ですごしやすく、真夏の避暑地としても利用可能。展望デッキ脇にはキッズスペースや...
撮影スポット

【小松基地 前川新橋周辺】絶対に失敗しないカメラマン情報

小松空港がRW24運用の時、おもに着陸の撮影に適しているのが前川新橋および周辺エリアです。着陸撮影の定番スポットといえば「RW24エンドの道路沿い」ですが、前川新橋は「橋の上から撮影できる」ので、見上げる感じが少なく飛行機撮影できま...
撮影スポット

【小松基地 新保海岸】絶対に失敗しないカメラマン情報

小松空港がRW06運用の時、おもに着陸の撮影に適しているポイントが日本海に面した新保海岸エリアです。RW06の着陸はエンド道路沿いから撮影するのが定番ですが、雑林から飛び出してくる感じで後追い写真になりがちです。陽炎の影響を受けやす...
撮影スポット

【岐阜基地 矢熊山(前渡不動尊)山頂】絶対に失敗しないカメラマン情報

岐阜基地の撮影スポットといえば「空の森運動公園」が有名ですが、慣れてくると「着陸態勢の写真ばかり」で物足りなくなってきます。そこで雰囲気を一転、広大な背景をバックに撮影するなら「矢熊山・山頂」が狙い目ですよ。冬の季節は「メラメラ」の...
撮影スポット

空の森運動公園駐車場から通称アミアミへの行き方を紹介【岐阜基地】

岐阜基地の撮影スポットといえば「空の森運動公園」が有名ですが、ちょっと足を伸ばせば徒歩10分圏内で人気撮影スポット「通称:アミアミ」に行くことができます。空の森運動公園駐車場に車を置いて撮影に出向けば、取り締まりを気にすることなく撮...
アクセサリー

車中泊のポータブル電源はEcoFlow RIVER Proがおすすめ【カメラマンの車中泊 1】

カメラマンのポータブル電源選び ポータブル電源は、キャンプや防災用に購入する人が大半を占めるそうです。私の目的は「撮影を快適にしたい」という、一癖も二癖もある用途になります。ネット検索しても少数派だったので、思い切ってブログ記...
アクセサリー

TourBox Eliteを使いPhotoshop Camera Rawを効率的に現像する!

TourBoxは、写真編集・イラスト&デザイン・動画編集などのアプリケーションと連携し、パラメーター調整やツールの切り替えを、左手だけで操作できるデバイスです。すでに定評があるTourBoxですが、2022年夏、進化を遂げた最新モデ...
アクセサリー

車中泊でお湯を沸かすための最小装備は?【カメラマンの車中泊 2】

外出先の車内でポータブル電源を使い、お湯を沸かす方法を考えてみました。キャンプが目的ではないので「少ない荷物でバッテリー消耗も少なく」を重視した機材選びを考えてみました。というわけで、現在運用中の方法をご紹介します。 キャンプでは...
アクセサリー

車中泊で快眠するために購入した極厚マットレスが最高【カメラマンの車中泊 3】

カメラマンは、魅力的な撮影地を求めて遠方まで「遠征」する機会が多くなります。クルマにマットレスを積んでおけば、高速道路を運転中に眠くなった時、家庭と変わらない環境で睡眠できるようになります。自分に合ったマットを選択すれば、翌日にカラ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました