【独自検証】Lightroomが快適に動くPCスペックは?おすすめのパソコンを紹介

Mac

検証協力:じゃんかすパンダ Text/Photo:ちゃんまさ

RAW現像の定番ソフト「Adobe Lightroom Classic」は、フォトグラファーにとってRAW現像や写真編集に欠かせないソフトウェアですよね。

PCへの負担が少ないソフトなので古いパソコンを使い続けている人も多いですが、AIを活用したニューラルフィルター(スーパー解像度など)が搭載された頃から状況が一変。「1枚処理するのに5分以上かかる・・・」という不満の声をよく聞くようになりました。

そこで、最新Lightroom Classicの処理時間を独自検証。人気の「RAWディテール・スーパー超解像・ノイズ除去」が軽快に動作するPCスペックと処理時間の関係を調査すると「グラフィックカードの性能」が大きく関与することが判明しました。

この記事を読むと「どんなPCを買えばいいの?」や「どこで買えばいいの?」というモヤモヤが晴れるはずです。検証データを活かした「究極のおすすめパソコン」も紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

注意:家電量販店で店頭販売しているパソコンはコスパが悪いのでおすすめしません。記事を読んでいただければ自分に最適なBTOパソコンが見つかるハズです。

パソコンのスペック不足を疑うべき5つのサイン

このような症状が現れたらスペック不足のサインです。

  • AIノイズ処理に5分以上かかる
  • 高画素データを扱うと動作がもっさり
  • かすみ除去のスライダー反応が悪い
  • 頻繁にフリーズする
  • 初期設定画面でGPU支援を選択できない
  • Lightroom Classicのバージョン6を使い続けている

上記項目が該当したらパソコン選びの失敗または買い替えサインです。

Lightroom 快適度診断チェック

まずは、現在お使いのパソコンでライトルームクラシックの「快適度チェック」をおこないましょう。

「ノイズ除去」の処理時間を計測します。

  • 処理時間が5分以上 → ストレスMAX PC買い替え必至!
  • 処理時間が3分以上 → PC買い替え予備軍?
  • 処理時間が1分以内 → 快適 ※12万円クラスのPC導入で実現可能
  • 処理時間が30秒以内 → 神の領域 ※20万円クラスのPC導入で実現可能

2000万画素クラスのRAWデータなら楽々クリアできると思いますが、6000万画素クラスになると一気にハードルが高くなります。

参考までに、ニコンD850の4500万画素の場合、12万円クラスのPCを厳選すれば「AIノイズ除去」処理で神認定の10秒前後で処理できるようになりますよ!

Lightroomのシステム要件

メーカー公式ページでLightroom Classicのシステム要件(※Windows)を調べました。

Lightroom Classic ※2023年8月現在 メーカー公式:システム要件ページ
最小 推奨
CPU IntelまたはAMDの64ビットマルチコアプロセッサー
SSE 4.2以降の2GHz以上
システムメモリ 8GB 16GB
GPU DirectX 12以上をサポート
2GBのGPUメモリ
DirectX 12以上をサポート
4GBのGPUメモリ
ディスク 4GBの空き領域があるハードディスク

システム要件は、すごくハードルが低く、グラフィックボードも10年前のもので動きそうな印象ですね。実際は、このスペックのパソコンでは快適な作業はおこなえません!

NVIDIAは、スタジオドライバー紹介ページに推奨グラフィックボードが紹介されています。ミドルクラスのグラフィックボードを推奨していますね。

効果 推奨グラフィックボード
・RTXおよびAI によって高速化される「RAWディテール」で、高解像度のRAW画像のカラーディテールを改善
・RTX対応の「スーパー解像度」は、AIを使用して従来の手法より高品質に画像をアップスケール。
・RTXおよびAIによって「空を選択」と「被写体を選択」機能での、ボタンをクリックだけによる複雑なマスクを簡単かつ高速に作成。
・画像処理がGPUで高速化され、特に4K以上の解像度のディスプレイで、調整時の応答性が劇的に向上。

GeForce RTX 4050

NVIDIA RTX A1000

メーカー公式ページで興味深い情報を発見

Adobe公式サイト「パフォーマンスを最適化する 最新更新日:2023年9月1日」のページに記載された情報を引用します。

64 ビット、マルチコアプロセッサー(最大6コアで最良のパフォーマンス)。複数のまたは高解像度のモニターを使用する場合はさらに大きなパワーが必要であるため、パワーに余裕があることが特に重要です。

この文章を読み解く限り、Lightroom Classicに最適なCPUは、現状最大6コアで十分ということ。速さを求めるなら「6コア+クロック周波数が高いもの」が狙い目になります。マルチコア性能を追求しても、本来のポテンシャルを発揮できない可能性があります。また、高解像度モニターの運用は、CPU性能の足を引っ張る要素になる場合がありそうです。

Lightroom Classicは、CPUのみで速さを求めるのではなく「CPU+GPU」で性能を引き出すべきであることが明確になりました。

AI系フィルターの処理時間を検証

私が業務用途で使用中のRAW現像用PCスペック

  • CPU:AMD Ryzen 5 4500
  • マザーボード:MSI  B550 PRO-VDH WIFI
  • グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 3060 ※VRAM 12GB
  • SSD:2TB
  • メモリ:32GB RAM
  • 電源:650W 80PLUS

※NVIDIA Studio Driverを使用

CPUは、世代の古い低スペックですが、6コア12スレットで動作するため、 Lightroom Classicでも快適に動作します。グラフィックボードは、ミドルクラスのRTX 3060 VRAM 12GBを選択。

BTOパソコンなら12万円程度から購入できるコスパ志向のスペックです。

検証1 AMD Ryzen 5 4500+GTX 1660 SUPER

SONY α7RV(6100万画素)、NIKON D850(4500万画素)、EOS1DX MarkIII(2010万画素)のRAWデータに、Lightroom ClassicのAIフィルターを適用した時の変換時間を計測しました。

グラフィックボードをエントリークラスのGTX 1660 SUPERに換装して、ノイズ除去の処理時間を計測しました。

▶︎▶︎ GTX 1660 SUPERは相性が悪い!?

GTX 1660 SUPER
GPU支援
SONY α7RIV
6100万画素RAW
NIKON D850
4500万画素RAW
CANON EOS1DX MarkIII
2010万画素RAW
RAWディテール  15秒 10秒 7秒
ノイズ除去 2分05秒 1分12秒 46秒
スーパー解像度 30秒 21秒 14秒

う〜ん、期待外れな印象。新規購入するのはお勧めしません。グラフィックボードは、GeForce RTX 4050以上を購入するのが間違いなさそうです。

※2023年8月時点

検証2 AMD Ryzen 5 4500+RTX 3060

▶︎▶︎ RTX 3060装着でAI系フィルター変換時間が大幅短縮できる

RTX 3060
GPU支援
SONY α7RIV
6100万画素RAW
NIKON D850
4500万画素RAW
CANON EOS1DX MarkIII
2010万画素RAW
RAWディテール 10秒 5秒 4秒
ノイズ除去 36秒 23秒 17秒
スーパー解像度 16秒 10秒 6秒

※2023年8月時点

RTX 3060を装着してGPU支援を選択するとノイズ除去の処理時間が大幅短縮。GTX 1660 SUPERより4倍近く高速です。

Ryzen 5 4500の性能不足を危惧する人も多いですが、まったく問題ありません。

検証3 AMD Ryzen 7 PRO 4750G

最後にAMD Ryzen 7 PRO 4750G(8コア16スレット)で処理時間を計測しました。CPUにGPUを内蔵するタイプですね。

CPU単体の性能は、Ryzen 5 4500より2割ほど高速です。内蔵GPU(Radeon Graphics 8コア)のポテンシャルはいかに?

▶︎▶︎ CPU内蔵GPUの性能は AI系フィルターの処理には完全な役不足

RTX 3060
GPU支援
SONY α7RIV
6100万画素RAW
NIKON D850
4500万画素RAW
CANON EOS1DX MarkIII
2010万画素RAW
RAWディテール 20秒 11秒 8秒
ノイズ除去 5分33秒 3分01秒 1分53秒
スーパー解像度 46秒 29秒 19秒

※2023年8月時点

CPU内蔵GPUは、グラフィック性能が高くないため、ノイズ除去の処理はGTX 1660 SUPERよりも2倍以上遅くなりました。

家電量販店で販売している大半の製品は、CPU内蔵GPU搭載機なので「RAWディテール・スーパー超解像・ノイズ除去」の処理時間を重視するなら、選択候補から外したいですね。

パソコン選びで優先すべき項目

 Lightroom ClassicのPC依存度 ※AI処理を重視
・CPUの重要度 ★★★☆☆
・グラフィックボードの重要度 ★★★★★
・メモリの重要度 ★★★★★
・SSDの重要度 ★★★☆☆

Lightroom Classicは「いかにAI系フィルターで高速処理できるか?」がパソコンの選び方の核心になります。

「RAWディテール・スーパー超解像・ノイズ除去」の処理時間を独自検証すると、NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERとRTX 3060を比較した場合、変換時間に4倍の差が現れることが判明しました。予算に限りがあるなら高性能なグラフィックボードに集中投資するのが得策です。CPU内蔵GPUは、Lightroom ClassicのAI系フィルターには荷が重すぎる結果でした。

メモリは、8GB RAMでは役不足です。6100万画素のデータを扱う時には16GB RAM以上の搭載が望ましいです。Lightroom Classic単体で10GB以上消費することがあり、プラグインソフトにエクスポート&インポートするなら32GB RAMを搭載しても決して無駄になることはありません。

CPUは6コア12スレッド以上あれば十分。

SSDは、M.2 MVMe Gen3以上を選択すれば問題ないでしょう。

Lightroom Classic が軽快に動作する推奨CPスペック

  • CPU:Intel Core i5 または Ryzen 5以上
  • グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 3050以上
  • SSD:500GB 以上
  • メモリ:16GB RAM 以上

RTX 3060 VRAM 12GB

LightroomはPhotoshopより動作が重い!?

併用する機会が多いLightroom ClassicとPhotoshopですが、動作の印象はLightroom Classicが若干重く感じます。「RAWディテール・スーパー超解像・ノイズ除去」の処理時間も、Photoshopより長くなります。

軽快さを重視するならCPU、処理時間を重視するならグラフィックボードの性能をワンランクアップするのも有効です。ただし、同時にPhotoshopの性能も向上するので、同じ感覚に仕上げることはできません。

費用対効果

優先順位:グラフィックボード  メモリ >> CPU  SSD

推奨グラフィックボード: RTX 3060 VRAM 12GB以上

結論
▶︎ RTX3060でAI系フィルターの変換時間が高速化できる
▶︎ CPU性能はミドルクラスの高クロックタイプが狙い目
▶︎ CPU内蔵GPUはニューラルフィルターの処理には役不足
▶︎ メモリは単独起動時に16GB、プラグイン併用時は32GB欲しい
金をかけるならRTX3060以上のグラフィックボードを購入すべき!

ちゃんまさ監修 おすすめクリエーターPC

BTOパソコンの中でコスパの良いAMD Ryzen 5000番台CPU搭載モデルを軸にセレクトしました。アドビは公式に「6コアCPUが最高のポテンシャルを発揮する」と公表しており、6コアモデル以上の高クロックCPU&グラフィックボード搭載モデルを厳選しました。

また、PhotoshopやLightroom Classicは、AI系エフェクトや書き出し時にGPU支援が動作するため、ミドルクラスのCPU+GPUを組み合わせた高速処理を重視。予算に余裕があるなら最新スペックを導入すれば高速化できますが、カメラ購入等で資金が枯渇気味のフォトグラファーの懐事情も考慮しました。

安いけど基本性能に妥協なし!

一枚ずつ丁寧に現像する人向けの価格の安いPCチョイス

Ryzen 5 5500 × GeForce RTX 3060 12GB VRAM

メーカー ツクモBTOパソコン
G-GEARシリーズ
OS Windows 11 Home
CPU AMD Ryzen 5 5500
メモリ 16GB (8GB×2)
グラフィックボード GeForce RTX 3060
12GB VRAM
ストレージ 1TB (NVMe)
価格 134,800円(税込)〜

ツクモ販売ページ▶︎ G-GEAR GA5A-B230/B2

メリット デメリット
・コスパで選ぶならコレ
・Ryzen 5 5500搭載
・RTX 3060 12GB VRAM搭載
・MSI製B550-A 
PRO採用
・80PLUS GOLD電源
・ケースデザインが保守的
・PCIe規格が3.0

最安値モデルはCPUにRyzen 5 4500を採用するモデルが多いですが、このモデルはワンランク上のRyzen 5 5500を搭載。6100万画素RAWデータにアドビAIノイズ処理をおこなった場合の時間は40〜30秒、4500万画素なら25〜15秒を目指せるスペックです。グラフィックボードが12GB VRAM搭載モデルなのでAI画像生成のStable Diffusionも動作します。

マザーボードはB550-A PRO、電源は80PLUS GOLDを採用します。大量書き出ししないことを前提にCPUをチョイスし、性能に妥協することなくコストを低減しました。

数年後、保証が切れた時にCPUをRyzen 5 5600XやRyzen 7 5700Xに交換すれば、延命を図ることができます。

おすすめカスタム
メモリ32GB換装 +12,100円
RTX 4060 / 8GB換装 +11,000円
ID-COOLING製CPUクーラー(SE-224-XTS/静音FAN)+5,500円

RAW現像の大量書き出しも早い

RAW現像&写真編集に最適化されたモデル

Ryzen 5 5600X × GeForce RTX 3060 12GB VRAM

メーカー ツクモBTOパソコン
G-GEARシリーズ
OS Windows 11 Home
CPU AMD Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB (8GB×2)
グラフィックボード GeForce RTX 3060
12GB VRAM
ストレージ 1TB (NVMe)
価格 143,800円(税込)〜

ツクモ販売ページ▶︎ G-GEAR GA5A-D230/B
※「カスタム・お見積」ボタンからRTX3060をカスタム選択

メリット デメリット
・高クロックのRyzen 5 5600X搭載
・RTX 3060 12GB VRAM搭載
・MSI製B550-A PRO採用
・80PLUS GOLD電源
・ケースデザインが保守的

私が現在使用中の「Ryzen 5 5600X × GeForce RTX 3060」の組み合わせです。動作が重くなりがちなLigitroom Classicもレスポンス良く作業できます。高クロックのRyzen 5 5600Xを選択することでLigitroom ClassicでRAW現像した6100万画素データ100枚を2分30秒程度で書き出せます。

マザーボードはB550-A PRO、電源は80PLUS GOLDを採用します。

おすすめカスタム
メモリ32GB換装 +12,100円
RTX 4060 / 8GB換装 +8,800円
ID-COOLING製CPUクーラー(SE-224-XTS/静音FAN)+5,500円

RAW現像以外に動画編集も快適作業

レンダリング性能を重視した用途にも対応

Ryzen 7 5700X × GeForce RTX 4060ti 8GB VRAM

メーカー ツクモBTOパソコン
G-GEARシリーズ
OS Windows 11 Home
CPU AMD Ryzen 7 5700X
メモリ 16GB (8GB×2)
グラフィックボード GeForce RTX 4060ti
8GB VRAM
ストレージ 1TB (NVMe)
価格 169,100円(税込)〜

ツクモ販売ページ▶︎ G-GEAR GA5A-D230/B

メリット デメリット
・8コア16スレットのRyzen 7 5700X搭載
・RTX 4060ti 8GB VRAM搭載
・MSI製B550-APRO採用
・80PLUS GOLD電源
・ケースデザインが保守的
・動画重視ならCPUクーラーを強化したい

CPUに8コア16スレットのRyzen 7 5700Xを搭載。CPU単体ではPhotoshopやLightroom Classicの処理はさほど向上しませんが、GeForce RTX 4060tiを組み合わすことで6100万画素RAWデータのAIノイズ処理が30〜20秒、4500万画素が20〜10秒を目指せるスペックです。レンダリング性能重視のDxOソフトウェアや動画書き出しの性能向上を期待できます。

マザーボードはB550-A PRO、電源は80PLUS GOLDを採用します。

おすすめカスタム
メモリ32GB換装 +12,100円
ID-COOLING製サイドフロー式CPUクーラー SE-914-XT-BASIC-V2 
+5,500円

Ryzen 7 5700X × GeForce RTX 4060ti 8GB VRAM

メーカー マウスコンピューター
NEXTGEARシリーズ
OS Windows 11 Home
CPU AMD Ryzen 7 5700X
メモリ 16GB (8GB×2)
グラフィックボード GeForce RTX 4060ti
8GB VRAM
ストレージ 1TB (NVMe)
価格 169,800円(税込)〜

マウスコンピューター販売ページ▶︎ NEXTGEAR JG-A7G60

メリット デメリット
・8コア16スレットのRyzen 7 5700X搭載
・RTX 4060ti 8GB VRAM搭載
・B550チップセット
・水冷CPUクーラー
・LEDはオプション

CPUに8コア16スレットのRyzen 7 5700Xを搭載。CPU単体ではPhotoshopやLightroom Classicの処理はさほど向上しませんが、GeForce RTX 4060tiを組み合わすことで6100万画素RAWデータのAIノイズ処理が30〜20秒、4500万画素が20〜10秒を目指せるスペックです。レンダリング性能重視のDxOソフトウェアや動画書き出しの性能向上が期待できます。

マザーボードはB550、CPUクーラーは水冷式を標準採用します。

おすすめカスタム
メモリ32GB換装 +15,400円

Lightroom Classicのよくある質問

普通のPCとクリエーターやゲーミングPCの違いは?

家電量販店で売っている「普通のPC」とクリエーターPCやゲーミングPCは、性能が違います。普通のPCでもLightroom Classicは動作しますが、話題のAI系フィルターの処理に時間がかかります。

Lightroom Classicに最適なパソコンを購入することで、汎用パソコンで5分以上かかる処理が数秒まで短縮できます。

いわゆる高性能なグラフィックボードの有無が決定的な違いです。専用グラフィックボードを搭載すると、動画編集、3Dモデリング、AI画像生成などクリエイディブな作業が快適におこなえるようになります。

CPUメーカーと構成は?

インテル:Core i9 > Core i7 > Core i5 > Core i3
AMD: Ryzen 9 > Ryzen 7 > Ryzen 5 > Ryzen 3

数字が大きくなるほど高性能ですが「価格・消費電力・発熱量」が比例して大きくなります。

インテルならCore i5以上、AMDならRyzen 5以上のCPUを選択すれば問題ありません。

グラボ非搭載でも快適に動作する?

Lightroom Classicのみでも処理できますが、快適に作業するならグラフィックボード必須。

CPU内蔵GPUの性能は期待はずれでしたので新規購入するなら候補から外しましょう。

メモリは16GBで大丈夫?

  • Lightroom Classicを単独使用する場合:16GB以上を推奨
  • プラグイン経由で他アプリにエクスポートする場合:32GB以上を推奨
  • メモリ搭載量を必要以上増やしても書き出し時間は短縮できません

メモリ8GBで6100万画素のRAWデータを扱うと、速度が極端に遅くなる恐れがあります。Lightroom Classicはメモリを10GB以上消費することがあるので、併用する場合は32GB以上が必須です。

CPUとグラフィックボード どっちを重視すべき?

CPUは、実売1万円クラスのAMD Ryzen 5 4500+ディテールクーラーでも十分なポテンシャルを発揮します。

Lightroom Classicの処理時間は、グラフィックボード性能が大きく左右します。予算が許す限り、GeForce RTX 3060以上の導入をすすめします。

デスクトップとノート どっちがおすすめ?

デスクトップPCは、後からパーツ交換できるメリットがあります。数年後に性能不足を感じた時、GPUやCPUをアップグレードして延命策が計れます。モニター選択自由度が高い点も、デスクトップPCのメリットが大きくなります。

ノートPCは、CPU、グラフィックボード、メモリがマザーボードにハンダ付けされた製品が多く、物理的にパーツ交換ができません。また、モニター性能が劣悪な場合、正確な色を表示できない別の問題と直面します。

デスクトップPCは周辺機器が別途必要!?

デスクトップPCは、一般的に「モニター、キーボード、マウス」は別売りです。すでにデスクトップPCを運用中で、PC本体だけを買い換える場合は周辺機器を流用できますが、新規購入する場合「+α」の予算が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました