コンビニ3社マルチコピー機 フォトグラファーが写真プリントを比較した

プリント

みなさん、ミラーレス一眼でカメラで撮影した写真、どこでプリントされていますか? 自宅のインクジェツトプリンターや販売店でプリントを依頼したり、さまざまですよね。

今回は、みなさんも頻繁に立ち寄るあのお店「コンビニのデジカメプリント」に注目し、品質や価格をフォトグラファー視点で調査しました。

綺麗にプリントできるコンビニはどこ?

スポンサーリンク

コンビニ店内でデジカメ写真プリントできる時代

コンビニのATMで現金を引き下ろした経験ありませんか? そのATMの周辺に機械が並んでいますよね。チケットを予約するマルチ端末機やコピー機など・・・。

ピンポン! そのコピー機が劇的な進化を遂げていて、パソコンで作成したデータの印刷やデジカメプリントもできちゃうんですよ。

カメラの上級者ほど「品質よくないじゃない?」とか「やっぱり富士フィルムの銀塩プリントでしょ!」と否定しがち。筆者も食わず嫌いのひとりでした。

というわけで「コンビニプリントやらの実力を試してやるっ!」と意気込み、コンビ大手3社が導入する店内プリンターをすべて試し、フォトグラファー視点でガチ検証した。

スポンサーリンク

セブンイレブン|ゼロックスのマルチプリンターを採用

セブンイレブンは、ゼロックスのマルチプリンターを導入。とても多機能な機械ですが、すべてを検証するのは大変です。そこで、デジカメプリントに該当する「普通紙プリント、写真プリント」に焦点を絞りテストしました。ゴメンナサイね。

ちなみに、プリント代金はマルチプリンターに備え付きの精算機で支払い、領収書も発行できます。

写真プリント|サイズはL版光沢の1種類のみ

センブンイレブンの写真プリントは、ゼロックス製プリンターを導入していますが、写真プリント機能は「富士フィルムの機材と画像補正技術」をOEMで導入しています。ただし、画像補正はゼロックス独自の味付けされています。写真プリントはトナー式ではなく昇華蒸発式という方式でプリントされます。

サイズはL版のみの設定。仕上がりは光沢のみになります。

注意点は、画像データの大きさが最大4,000万画素までの制限あり。α7Riiiなどの高画素カメラのフルサイズで撮影したデータは、Photosopなどのアプリで縮小する必要があります。

サービス 用紙サイズ 料金
写真プリント L版・光沢 30円
品質や印刷範囲|全般的には正確な色味を再現するが人物の表現は癖あり

第一印象は、「コンビニプリント頑張っている!」と予想を上回る品質の良さに驚きました。数点の写真をプリントしたので検証します。

↑α7iii+FE85mmF1.8で撮影しました。

人物写真は、肌の露出がオーバー気味に自動補正され、2絞りぐらいオーバー気味で出力されます。オリジナルの写真データに明らかな補正が加えられ、肌色からシアンが完全に除去された記憶色に補正されています。正確な色ではありませんが、女性に好まれる傾向だと思います。

↑α7iii+FE70-200 F4 G OSSで撮影しました。

↑α7iii+FE85mmF1.8で撮影しました。

夜景の写真は、オリジナルの色味が正確に出力されています。画質は軟調で、中域と暗部が明るく表現されます。ダーク部分は潰れずディティールが残っていますが、ハイラトは昇華型プリンターの特性(!?)で白とびします。全体的にシャープな印象です。チャオプラヤー川沿いのアイコンサイアムの夕暮れの写真も、夕暮れの空がオリジナルに忠実に再現されています。

↑α7iii+FE24-105mm F4 G OSSで撮影しました。

旅のスナップ写真は、オリジナルの色味が正確に出力されています。画質は軟調で、中域と暗部が明るめに表現されます。青空はオリジナルに忠実に再現されています。

用紙の品質|用紙に巻き癖が出る

センブンイレブンの写真プリントは、用紙の裏側に「FUJIFILM」のロゴがプリントされています。用紙は「フジフィルム・チャオ」と同一用紙を使用していると思います。

用紙は、残量状態により「巻きグセ」が出るものと出ないものがあることを確認しました。古い用紙が組み込まれた機械に当たると結構カールします。この点が妥協できるか否かで評価が変わると思いますね。

表面は限りなくフラットで平坦です。光沢度も綺麗です。

トリミング範囲|上下4%、左右8%ほど見切れる

天地方向のトリミングは片側約2%、上下で約4%ケラれます。左右方向は、片側約4%、左右で約8%ほどケラれました。

評価|画質★★★★☆ 紙質★★★★☆ 精細★★★★☆ 色の正確さ★★★★☆

用紙の裏面には「フジフィルム」のロゴが入っています。画質は、人物は明るく記憶色に補正。その他の写真は、オリジナルに忠実かつ軟調なのにシャープな仕上がりです。明部は飛び気味な印象です。

全般的に明るく表現されるので安定感のある万人向けの仕上がりです。

【おすすめ記事】
安くて綺麗|コンビニ最強・写真プリントを検証【セブンイレブン編】

 

【対応ファイルフォーマット】
Exif JPEG / JPEGおよびJFIF / Adobe JPEG / Exif TIFF / Tiff / BMP
【使用可能メディア】
microSD/メモリースティックDuo/コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ/SD/DVD/SDカード/USBメモリー/赤外線IrDA/Wi-Fi
【画像ファイルの対応サイズ】
最小:54×54pixel最大:4,000万画素(縦×横pixel)

普通紙プリント|選べるサイズはB5/A4/B4/A3の4種類

セブンイレブンの普通紙プリントは、いわゆる「レーザープリンター」の品質ですね。だたし、解像度は2400dpiの高精細です。雑誌やパンフレットの解像度は一般的に350dpiなので、スペック的にはすごく精細に印刷できる性能を備えています。用紙は普通紙のみです。

サービス カラー 用紙サイズ 料金
普通紙プリント 白黒 B5/A4/B4/A3 10円
カラー B5/A4/B4 50円
A3 80円

※四隅に白い余白ができます。フチ無し印刷には対応していませんね。

品質や印刷範囲|レーザープリントの品質はコンビニ最強画質!

セブンイレブンの普通紙プリントは、写真プリントと比較すると用紙が普通紙なので若干色温度が低く(黄ばみ)、コントラストが高くなります。これは写真プリントと比較した場合であり、トナー式のレーザープリンタとしては飛び抜けた品質です。がさすがゼロックスって感じの仕上がりです。

特筆すべきは、感光体のシマシマ模様が目立ちません。これ、すごいことなんですよ。(ドラムの古い機種に当たるとシマシマが出るかも)

解像度が2400dpiあるので細部まで緻密に再現されます。トナーが乗った部分は光沢感があり、普通紙の割には綺麗です。

マイナス点は、余白がバラバラなこと。メンテナンス不足が疑われますが、今回の機材は上の余白が顕著に広くて残念です。

余白|メンテナンス不足が気になります
約7.5mm 約4.0mm 約4.5mm 約4.0mm
評価 画質★★★☆☆ 紙質★★★☆☆ 精細★★★☆☆ 色の正確さ★★★☆☆

ローソン&ファミマ連合のシャープに圧勝です。ゼロックスの貫禄勝ちです。

【対応ファイルフォーマット】
JPEG / TIFF
【使用可能メディア】
microSD/メモリースティックDuo/コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ/SD/DVD/SDカード/USBメモリー/赤外線IrDA/Wi-Fi
【画像ファイルの対応サイズ】
最小:54×54pixel
最大:7,000万画素(縦pixel×横pixel)

はがきプリント|業界初!持ち込みハガキに対応

セブンイレブンのはがきプリントは、マルチコピー機に備え付けの専用私製はがきの他、持ち込みはがきへの印刷に対応。印刷品質は普通紙プリントに準じる2400dpiの高精細印刷にあります。

写真だけではなく、グラフィックソフトなので文字入れした写真も出力できるので、年賀状・引越し案内・ポストカードなどの用途で利用できます。

すいません。興味がないのでテストしていません。年賀状の季節にテストするかもしれません。

サービス カラー 料金
はがきプリント 白黒 20円
カラー 60円
【対応ファイルフォーマット】
JPEG / TIFF
【使用可能メディア】
microSD/メモリースティックDuo/コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ/SD/DVD/SDカード/USBメモリー/赤外線IrDA/Wi-Fi
【画像ファイルの対応サイズ】
最小:54×54pixel
最大:7,000万画素(縦pixel×横pixel)

 

 

ローソン&ファミマ|シャープのマルチコピー機を採用

ローソンとファミリーマートは、シャープのマルチコピー機を導入。デジカメプリントに該当するサービスは「コピー・普通紙プリント、写真プリント・ハガキプリント・ネットプリント」になります。

プリント代金は、マルチプリンターに備え付きの精算機で支払い、領収書も発行できます。

写真プリント|サイズはL版/2Lの2種類から選べる

ローソンの写真プリントは、L版と2L版の2サイズに対応。仕上がりは高光沢のみになります。

余白を生かしたスクエア写真の出力にも対応。

サービス 用紙サイズ 料金
写真プリント L版 30円
2L版 80円
品質や印刷範囲|コントラストが強めのメリハリ感が強調

↑α7iii+FE85mmF1.8で撮影しました。

人物写真は、セブンイレブン(ゼロックス)のように過度にされることなく、1絞りぐらいオーバーな感じで出力されました。肌色からシアン成分は排除され、記憶色的な肌色に仕上がっています。人物写真は、シャープ(ローソンとファミリーマート)の方が仕上がりが良いかもしれません。

↑α7iii+FE70-200 F4 G OSSで撮影しました。

↑α7iii+FE85mmF1.8で撮影しました。

夜景の写真は、ハイライトとシャドーの情報を切り落としたようなコントラストの強い仕上がりです。また、ハイライトは飛び、シャドーは潰れます。見栄えはよく見えるかも知れませんが階調は豊かではありません。

↑α7iii+FE24-105mm F4 G OSSで撮影しました。

旅のスナップ写真は、ハイライトとシャドーの情報を切り落としたようなコントラストの強い仕上がりです。青空は、色相がシアンよりに転がり黄色く感じます。全体的な色味は、わずかにシアン被りの傾向です。

用紙の品質|用紙が古い巻きグセが出る個体がある

紙の表面は、若干の模様が確認できます。裏面は無地です。光沢感はセブンイレブンと大差ありませんね。

用紙の巻きグセは、当日は短辺方向に反ってますが、翌日になると長辺方向に反りが出て、フラットにはなりません。

トリミング範囲|上下4%、左右8%ほど見切れる

天地方向のトリミングは片側約2%、上下で約4%ケラれます。左右方向は、片側約4%、左右で約8%ほどケラれました。

評価|画質★★★★☆ 紙質★★★☆☆ 精細★★★☆☆ 色の正確さ★★★★☆

人物写真は、セブンイレブンほど過度に補正されず、個人的には好みです。

その写真は、コントラストが強くメリハリがあります。

人物写真を自然な雰囲気にプリントしたい、またコントラスト強めの写真が好きな人に適しています。

【おすすめ記事】

安くて綺麗|コンビニ写真プリントを検証【ローソン&ファミマ編】

【対応ファイルフォーマット】
Exif JPEG / JPEGおよびJFIF / Adobe JPEG / Exif TIFF / Tiff / BMP
【使用可能メディア】
SDカード/miniSDカード/microSDカード/スマートメディア/xDピクチャーカード/メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリーツティック_メモリースティックPRO/コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ/USMメモリー/CD/DVD//赤外線IrDA/Wi-Fi

引きのばしプリント|A4光沢紙が選べるが品質は・・・

ローソンの引きのばしプリントは、いわゆる「レーザープリンター」によるトナーを使った印刷になります。基本的には普通紙に印刷されますが、A4サイズに限り光沢氏を選択できます。

インデックスプリント、カレンダープリント、並べてプリントの他、データを4分割して張り合わせる事で、最大A1サイズのポスターが作れるポスタープリントを用意する。

サービス カラー 用紙サイズ・用紙 料金
引きのばしプリント 白黒 B5/A4/B4/A3普通紙 10円
A4光沢紙 80円
カラー B5/A4/B4普通紙 50円
A3普通紙 80円
A4光沢紙 120円

注意点は、四隅に白い余白ができること。フチ無し印刷には対応していませんね。

品質|旧世代のレーザープリンターの品質

引きのばしプリント品質は旧世代レーザープリントですね。

残念ながら、解像度、色の再現性、色むら、階調のすべての項目でセブンイレブン(ゼロックス)に完敗です。

※スキャニングでモアレが発生していますが現物はこれほど現れていません。

光沢紙が選択できますが「アジアンティック」な仕上がりで、カラーバランスが崩れています。厳しい意見を言わせていただくと、写真としての使い道はありませんね。

余白|メンテナンスされている印象です
普通紙
約5.0mm 約4.0mm 約4.0mm 約5.0mm
光沢紙
約3.0mm 約5.0mm 約5.0mm 約3.0mm
評価|画質★☆☆☆☆ 紙質★★★☆☆ 精細★☆☆☆☆ 色の正確さ★★☆☆☆

ローソンとファミリーマートの引きのばしプリントは、ミラーレス一眼を所有するようなフォトグラファーの要求を満たすことができません。とくに光沢紙の仕上がりが残念でした。

【対応ファイルフォーマット】
JPEG / TIFF
【使用可能メディア】
SDカード/miniSDカード/microSDカード/スマートメディア/xDピクチャーカード/メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリーツティック_メモリースティックPRO/コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ/USMメモリー/CD/DVD//赤外線IrDA/Wi-Fi

まとめ

コンビニの写真プリントは「どうせダメでしょ」と先入観だけで評価していましたが、驚くほど高性能でした。

特筆すべきは色の正確さ。モニターをキャリブレーションすれば、かなり正確に出力できます。インクジェツトプリンターに比ではありません。i1Studioでプリンタプロファイルを作成して出力した時ぐらいの制度なんですよ。「インクジェツトプリンター、もっと頑張れ」と言いたくなります。

写真プリントは、「ローソン&ファミマ」「セブンイレブン」ともに僅差です。個人的には、階調が豊かで精細「セブンイレブン」を利用します。

普通紙によるレーザープリントは「センブンイレブン」の圧勝。最強です!

今回のテストで新たな魅力を発見しました。自信作を「センブンイレブン」のA3普通紙プリントで出力して、額縁に入れて部屋に飾ることを提案します。

わずか80円で出力できるので、1ヶ月ごとに写真を取り替えて展示する。

別途「額縁に入れて楽しむ80円プリントの魅力」の原稿を作成しますのでお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございます

 

「フォトグラファーのための写真出力入門 出力方法を一から学ぼう」に戻る

タイトルとURLをコピーしました