ミラーレス一眼のSDカード|ちょっと未来はどうなるの?

SDカード

出典:SDアソシエーション https://www.sdcard.org/

こんにちは。ちゃんまさスタジオのちゃんまさです。

みなさん、SDカードの「ちょっと先が」気になりませんか? 巷ではCFexpressの普及も始まりましたからね。

SDカードの規格策定をしているSDアソシエーションサイトを閲覧すると、次世代SDカード規格が公開されていました。

というわけで、ちょっと先の規格を調査。ミラーレス一眼ユーザーが今買うべきSDカードを考察しました。

スポンサーリンク

SDカードの「ちょっと先」を独自調査

SDアソシエイションのサイトに、下記のスケジュールが公開されています。

出典:SDアソシエーション https://www.sdcard.org/

現在のSDカードは「SDUX UHS-III」へ進化。

続いてUHS-Iとの互換性を保ちならが「SD Express」へバージョンアップが図られることが決定済みです。最小容量は、32GBから始まるようですね。

速度の点では、CFexpressに劣るようですね。

容量について
容量 ファイルシステム SDロゴ
SD 最大2GB FAT12、FAT16
SDHC 2GB〜32GB FAT32
SDXC 32GB〜2TB exFAT
SDUC New 2TB〜128TB exFAT

ロゴ出典:SDアソシエーション https://www.sdcard.org/

現在のSDXCは2TBが容量上限です。今後、さらなる大容量化も策定。

2TB以上の容量は「SDUC」に引き継がれることになります。

下位互換は保たれます。

 

注目点

SDUCは、2TBスタートになります。8K動画撮影が普及すれば必要になるのかもしれませんが、あまりに容量が大きすぎて、現在主流のノートパソコンのスペックではバックアップできませんよね(笑

ここ数年で2TBのSDカードが必要になることはなさそう!?

 

スピードについて
スピードクラス
UHS-I C2、C4、C6、C10
U1、U3
V6、V10、V30
UHS-II C4、C6、C10
U1、U3
V6、V10、V30、V60、V90
UHS-III New C4、C6、C10
U1、U3
V6、V10、V30、V60、V90
SD Express New 未公開

現在はUHS-II(312MB/s)が最速です。

上位規格として「UHS-III」(624MB/s)と「SD Express」(985MB/s)が登場します。パソコンの起動ディスク並みのスピードが引き出せるようになります。

スピードクラスと互換性

現在主流のスピードクラスは「UHS-I」です。上位クラスのUHS-IIと互換(速度はUHS-I)性は保たれています。

近未来に登場予定の「UHS-III」は、下位互換あり。速度は低下しますが。

UHS-III対応機種でUHS-IIを使用する場合は、速度低下せず使用できそうです。

注目点

最上位クラスの「SD Express」は、UHS-Iと下位互換がありますが「UHS-II・UHS-III」とは互換性がありません。

 

UHS-IIは次のUHS-IIIで終わりのようですね・・・

ビデオ解像度とSDカードの関係
ビデオ解像度 推奨スピードクラス 想定転送速度
SD C2、C4、C6、C10
U1
V6、V10
2〜10MB
HD/FHD C4、C6、C10
U1、U3
V6、V10、V30、V60
4〜30MB
4K UHD C6、C10
U1、U3
V6、V10、V30、V60
6〜60MB
8K UHD V60、V90 60〜90MB

4K動画撮影は、60MB/s(V60)の書き込み速度があれば対応できます。

8K動画撮影は、60〜90MB(V90)の書き込み速度を想定していますね。コーデックの進化により、ビットレートはそれほど増加しないようです。

スポンサーリンク

2020年 SDカードの失敗しない選び方を考察

高画素機でJPEG+RAWの同時記録で高速連写する場合

バッファ開放のスピードを重視するなら「UHS-II U3 V60」が欲しい!

高画素機で連写した場合、動画並みにデータ量が大きくなります。UHS-IIを購入すればパソコンへのバックアップ(コピー時間)も大幅に短縮できるので、ロマンを感じることができます。

 

ファイルの増加=コピー時間の短縮を考慮すると
コストを無視できるならUHS-II U3 V60

動画撮影重視のSDカードのベストチョイスは?

「高性能な製品を長期間使用したい」と願いを込めて先行投資するなら「UHS-II U3 V90」または「UHS-II U3 V60」を購入すれば8K動画撮影に対応できます。

2020年に購入しても、一世代先のカメラでも第一線級の性能で使えそうです。5年間は余裕で使えそう。

デメリット

リスクは「SD Express」を採用したカメラが発売された時、UHS-II とUHS-IIIは互換性がなく、UHS-I相当の性能しか引き出せないこと。

遅くて使い物にならないですよね〜。

万が一「SD Express」が一気に普及するとダメージを負う可能性があります。

ロマンを求めてUHS-II U3 V90が欲しい

4K撮影できれば十分な場合(コスト重視)

4K動画撮影をする場合、H.264やH.265コーデックで撮影する場合、「UHS-I U3 V30」を購入するのが財布に優しいですね。

V30の速度があれば、ProRes422のような業務用途でも耐えられます。

8K撮影が普及した時点で、上位クラスのメディアを購入すれば、現状の価格よりも大幅値下げが予想されます。「上位メディアは必要になった時に購入する」という考え方が合理的ですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

フォトグラファー向けおすすめSDカード・こだわり最新8選に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました