【岐阜基地 矢熊山(前渡不動尊)山頂】絶対に失敗しないカメラマン情報

撮影スポット

岐阜基地の撮影スポットといえば「空の森運動公園」が有名ですが、慣れてくると「着陸態勢の写真ばかり」で物足りなくなってきます。そこで雰囲気を一転、広大な背景をバックに撮影するなら「矢熊山・山頂」が狙い目ですよ。冬の季節は「メラメラ」の影響も少なく、雪山を背景にした写真が撮影できます。

スポンサーリンク

矢熊山山頂(前渡不動尊 仏眼院)

各務原市の南部にある矢熊山は、木曽川や濃尾平野を望むことができる小高い山です。山頂は、念入りに木々が伐採されているので見晴らし良好。南方を望むと手前に木曽川の清流が流れ、すいとぴあ江南や小牧城、遠くに名駅ビル群が見渡せます。

山頂には仏眼院・前渡不動尊があります。展望台は境内の裏側にあり、参拝客や家族連れがハイキングで訪れる人気スポットです。

無線片手に超望遠レンズを構える風貌は、正直「場違い」な印象です。

北東方面を望むと、遠方に岐阜基地の滑走路が一望できます。距離が1000m以上離れているので機体のアップ撮影は諦めた方が無難です。

1〜2月の期間に「雪山バック」に撮影するのが狙い目です!

※山頂に自動販売機はありません。

アクセス

空の森運動公園からのアクセスは、県道17号・関江南線を南(木曽川)方面に直進。800mほど直進した2つ目の信号交差点(前渡東町7・シェルGSあり)を右折。

600mほど直進して1つ目の信号交差点(浄水公園東)を通り過ぎた右側道路沿いに駐車場があります。空の森運動公園からの距離は約1.6km。所要時間はクルマで4分程度です。

ナビ用住所:〒504-0922 岐阜県各務原市前渡東町1975−1

駐車場

●駐車場:前渡不動・矢熊山駐車場を利用
●駐車台数:40台程度(無料)
※自動販売機はありません。

前渡不動・八熊山駐車場が無料で利用できます。駐車場から山頂までの距離はおおよそ300m。所要時間は徒歩10分程度です。

トイレ

立派な水洗トイレを完備しています。清掃が行き届いているので綺麗です。

「紙あり」が嬉しいポイントです

自動販売機

駐車場内に自動販売機はありません。(見落としているかもしれません)

コンビニ

近隣のコンビニは、県道17号・関江南線を南(木曽川)方面に直進すると、道路沿いに2店ほどあります。この2店を逃すと近隣にコンビニはありません。

ミニストップ 各務原前渡東町店
セブンイレブン 各務原前渡東町店

飲食

駐車場脇にはカフェ「cafe de Epis カフェドエピ」が営業中です。モーニングやランチ、バーガー系テイクアウトが美味しいと評判です。営業時間は朝8時オープン。月曜定休日。

山頂までの行き方

駐車場から山頂までの道のりを紹介します。

▲カフェ左側に山道入り口があります。山頂まですべて舗装(階段ナシ)されているので楽に登ることができます。

▲直進すると1つ目の分岐があります。看板に「山頂右」と表示されていますが撮影目的の場合は直進します。

▲2つ目の分岐は「道なり」に直進します。

▲3つ目の分岐も「道なり」に直進します。

▲「火の用心」の看板が見えたらゴール直前です。あと少し!

▲おめでとうございます。山頂到着です。

撮影装備

●カメラ&レンズ(テレコン)
●記録メディア
●予備バッテリー
●受信機 ※推奨

レンズは600mm以上推奨

八熊山山頂から滑走路までの直線距離は1000m以上離れています。1000mm以上のレンズでも機体をアップで撮影するのは不可能です。

撮影に適した機体は、C-1、C-2、P-1など大型機の撮影に適しています。ここは割り切りが肝心ですね。

ファイター狙いの場合は、伊吹山、岐阜城、岐阜市内など「背景を活かした撮影」に専念した方が良い結果が得られます。1〜2月は、雪山バックが定番です。

基本的にRW28運用

岐阜基地は、年間を通してRW28運用されます。例外は夏季に台風が接近してくる「南風」が吹いた時ぐらいです。

RW28運用時の狙い目は、1st〜2ndの時間帯のT&Gからのショートクローズ。順光状態でファイターの背中をばっちり拝めます。夏季の3rdは逆光になります。

着陸は、木曽川上空を東方向に飛行し「伊木山上空」で180度旋回します。この時も背を拝めますが「脚が出ている」ので迫力は劣ります。

陽炎の影響

天気の良い日は、地面と気温の温度差が発生し、水蒸気が蒸発するため陽炎の影響を受けやすくなります。また、春の霞の時期は、高性能なレンズを用いても高精細な写真を撮影するのは困難です。

解像重視で撮影するなら、1〜2月の1stまたは3rdに照準を合わせましょう。

エアバンド対応受信機の必要性

撮影時にあると便利な装備がエアバンドに対応した受信機。小松空港は風向きが頻繁にかわる土地柄、ランチェンが頻繁に行われます。受信機を持っているとランチェンを知ることができます。

created by Rinker
アイコム(ICOM)
¥19,800 (2022/10/07 08:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

その他、有力撮影ポイント

空の森運動公園
着陸態勢の期待を順光撮影できます。速度も低速なので初心者の方でも撮影したすい超定番スポットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました