エプソンA3ノビ対応|SC-PX1Vは5年使える大本命プリンタか?

アクセサリー

画像引用:エプソン https://www.epson.jp/products/pro/

エプソンは、2020年5月28日、A2ノビ対応インクジェットプリンター「SC-PX1VL」とA3ノビ対応インクジェットプリンター「SC-PX1V」の2機種を同時発売すると発表した。約10年ぶりのフルモデルチェンジになる。

注目のプリンターだけに購入を検討している人も多いはず。スペックや価格について調べてみました。

追記
SC-PX1V(A3ノビ機)は予定遠通りに発売されるようですが、SC-PX1VL(A2ノビ機)は発売日が2020年8月初旬に変更されました。

エプソンから、延期になっっていた発売日が2020年7月9日と発表。A2ノビ機「SC-PX1VL」は9月に再延期されました。

新発売 SC-PX1VLとSC-PX1Vの主な仕様

型式 用紙サイズ インク L版印刷コスト
税別
発売時期 市場最安価格(税込)
2020年6月時点
SC-PX1VL A2ノビ 顔料 9色(96)
5760×1440dpi
最小1.5pl
18.9円 2020年7月 158,200円前後
価格com
SC-PX1V A3ノビ 顔料 9色(97)
5760×1440dpi
最小1.5pl
8.9円 2020年9月 89,100円前後
価格com

A2ノビ・新型SC-PX1VLの特徴、発売日、価格は?

 

画像引用:エプソン https://www.epson.jp/products/pro/

created by Rinker
エプソン
¥3,800 (2020/07/06 19:42:53時点 Amazon調べ-詳細)

SC-PX1VLは、旧型SC-PX3Vの後継機種として、2020年5月28日に発売予定。SC-PX3Vの発売時期は2015年5月なので、5年ぶりのフルモデルチェンジになります。

SC-PX1VLは9月以降に再延期されました。

 

新型インクは保存性に優れる顔料インクを継承しつつ、ディープブルーを追加した合計9色(実質10色)に進化した。最小インクサイズが旧型の3.5plから1.5plへ微細化され、緻密な印刷を実現した。ブルーレイ、DVD、CDプリントトレイに印刷できるように改善されたことも地味に嬉しい!

旧型の泣き所だったフォトブラックとマットブラックは使用時に選択する仕様だったが、新型はシームレスに印刷できるように改善された。また、廃インクタンクがユーザー自ら交換できるように改善された。従来のエプソンプリンターは修理扱いのため高額な費用がかかり、大量にプリントするヘビーユーザーから改善が望まれていた。

その他、本体容積の70%小型化、Wi-Fiの5Ghz対応、出力時間の短縮などを実現した。

参考までに、L版印刷コストは未公開の状態。価格が旧型と同等以下なら魅力的な機種になりそうだ。価格コムの価格は158,200円前後。旧型が146,000円前後で販売されているので、これから購入するなら新型で決まりだと思います。

A3ノビ・新型SC-PX1Vの特徴、発売日、価格は?

 

画像引用:エプソン https://www.epson.jp/products/pro/

created by Rinker
エプソン
¥22,119 (2020/07/06 15:02:38時点 Amazon調べ-詳細)

SC-PX1Vは、旧型SC-PX5VIIの後継機種として、2020年5月28日に発売されることが発表された。SC-PX5VIIの発売時期は2015年5月なので、5年ぶりのフルモデルチェンジになります。

SC-PX1Vの発売日は2020年7月9日に決定しました。

新型インクは保存性に優れる顔料インクを継承しつつ、ディープブルーを追加した合計9色(実質10色)に進化した。最小インクサイズが旧型の3.5plから1.5plへ微細化され、緻密な印刷を実現した。ブルーレイ、DVD、CDプリントトレイに印刷できるように改善された。

旧型の泣き所だったフォトブラックとマットブラックは使用時に選択する使用だったが、新型はシームレスに印刷できるように改善。また、廃インクタンクがユーザー自ら交換できるように改善された。従来のエプソンプリンターは修理扱いだったので、大量にプリントするヘビーユーザーには朗報だ。

その他、本体容積の70%小型化、Wi-Fiの5Ghz対応、出力時間の短縮などを実現した。

参考までに、L版印刷コストは未公開の状態。価格が旧型と同等以下なら魅力的な機種になりそうだ。価格コムの価格は89,100円前後。旧型が78,000円前後で販売されているので、旧型を狙うよりは新型を長期間使用した方が得策ですね。廃インクタンクの交換費用を考慮するとなおさらです。

 

【こちらの記事も人気ですよ!】

SC-PX1VとPIXUS PRO-10Sどっちを購入するのが正解?

 

まとめ

A2ノビ印刷はロマンですが、個人所有はさすがに維持するのが大変ですよね。

売筋はA3ノビ機のSC-PX1Vになりそう。

これから購入すれば5年間は現行機種で使用できますし、その後5年間は修理対応できるので10年使えることになります。そもそも値落ちの少ない製品だけに、購入するなら早く導入した方がよさそう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました