Topaz Video AI パソコンスペックと処理性能を調査・おすすめPC紹介

スポンサーリンク
Mac

Topaz Video AIは、処理時間がとても重いことで有名です。そこで、パソコンのCPUやグラフィックボードの組み合わせで得られる処理性能を、海外情報をもとに調査しました。

ベンチマークを集計すると、グラフィックボードに搭載されるGPU性能が処理時間短縮に効果的であることが判明。マシンスペックで得られるAIモデル「Artemis」のフレームレートを紹介します。

そして最後に、集計データから割り出したTopaz Video AIおすすめパソコンも紹介します。

※公式掲示板に掲載されたベンチマークを活用しました。自己責任でお願いします。

TEXT:ちゃんまさ

Topaz Video AI標準搭載のベンチマークスコア

Topaz Video AIは、ソフトウェアにベンチマーク測定機能が標準搭載されています。

今回は、海外掲示板に投稿されたベンチマーク実測値を集計し、マシンスペックで得られるフレームレートを割り出しました。

Topaz Video AI ハイクラスPCの処理時間

Intel Core i9

インテル最強クラスのCPU「Core i9-14900K」とnvidia「GeForce RTX 4090」の組み合わせで、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレートが40fpsを超えてきます。

ただし、旧世代のCore i9-10900KとGeForce RTX 4090の組み合わせはCPUがボトムネックになり30fps付近が限界になるようです。性能を重視するなら12世代以降の900番台が候補になります。

1920×
1080
Core i9-14900K
GeForce RTX 4090
64GB
v4.0.4
Core i9-13900K
GeForce RTX 4090
DDR5 6000 32GB
v4.0.1
Core i9-10900K
GeForce RTX 4090
32GB
v3.5.0
Core i9-12900KF
GeForce RTX 4060Ti
128GB
v4.0.7
Artemis 1X 43.49 fps
2X 17.33 fps
1X 42.49 fps
2X 19.84 fps
1X 31.52 fps
2X 14.79 fps
1X 13.81 fps
2X 9.32 fps
Iris 1X 39.29 fps
2X 19.72 fps
1X 40.47 fps
2X 22.33 fps
1X 29.78 fps
2X 13.56 fps
1X 15.25 fps
2X 7.61 fps
Proteus 1X 29.61 fps
2X 17.85 fps
1X 36.10 fps
2X 19.08 fps
1X 25.58 fps
2X 12.58 fps
1X 12.60 fps
2X 8.63 fps
Gaia 1X 14.43 fps
2X 9.88 fps
1X 15.48 fps
2X 10.79 fps
1X 14.37 fps
2X 10.25 fps
1X 4.48 fps
2X 3.11 fps
Nyx 1X 16.13 fps
2X 13.19 fps
1X 17.36 fps
2X 15.20 fps
1X 16.50 fps 1X 5.28 fps
2X 4.56 fps
4Xスロー
Apollo 45.00 fps
APFast 75.86 fps
Chronos 31.82 fps
CHFast 35.59 fps
Apollo 44.26 fps
APFast 88.63 fps
Chronos 34.57 fps
CHFast 37.32 fps
Apollo 34.78 fps
APFast 63.38 fps
Chronos 29.91 fps
CHFast 30.20 fps
Apollo 19.66 fps
APFast 49.44 fps
Chronos 10.61 fps
CHFast 16.15 fps
Core i9-14900K + GeForce RTX 4090
Artemisの処理速度:40fps以上が目標

▲Core i9-12900KFにエントリークラスのグラボ「 RTX 4060Ti」を組み合したデータを発見しましたが、フレームレートが全く伸びません。Topaz Video AIは、グラフィックボードの性能が処理時間に直結していることがわかります。

高性能CPUとエントリークラスGPUの組み合わせは、もっともコストパフォーマンスが悪くなる一例です。

ハイエンドクラス AMD Ryzen 9

AMD最強クラスのCPU「Ryzen 9 7950X」や「Ryzen 9 7950X3D」とnvidia「GeForce RTX 4090」の組み合わせで、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレートが40fpsを超えてきます。

1920×
1080
Ryzen 9 7950X
GeForce RTX 4090
DDR5 64GB
v4.0.7
Ryzen 9 7950X3D
GeForce RTX 4090
DDR5 64GB
Ryzen 9 7950X3D
GeForce RTX 4080
DDR5
v4.0.1
Ryzen 9 7900X
GeForce RTX 4070Ti
DDR5 5600 32GB
Artemis 1X 45.75 fps
2X 17.47 fps
1X 42.82 fps
2X 14.94 fps
1X 29.81 fps
2X 15.11 fps
1X 24.45 fps
2X 12.70 fps
Iris 1X 44.65 fps
2X 20.21 fps
1X 39.92 fps
2X 21.35 fps
1X 30.79 fps
2X 16.51 fps
1X 26.41 fps
2X 13.27 fps
Proteus 1X 40.66 fps
2X 15.74 fps
1X 39.37 fps
2X 16.24 fps
1X 27.70 fps
2X 14.23 fps
1X 22.72 fps
2X 12.29 fps
Gaia 1X 15.20 fps
2X 10.80 fps
1X 15.48 fps
2X 10.56 fps
1X 10.68 fps
2X 7.29 fps
1X 8.28 fps
2X 5.74 fps
Nyx 1X 18.44 fps
2X 15.65 fps
1X 17.54 fps 1X 12.22 fps
2X 10.74 fps
1X 9.62 fps
4Xスロー
Apollo 45.52 fps
APFast 83.87 fps
Chronos 33.15 fps
CHFast 36.60 fps
Apollo 44.64 fps
APFast 93.47 fps
Chronos 32.20 fps
CHFast 38.06 fps
Apollo 39.96 fps
APFast 83.77 fps
Chronos 22.94 fps
CHFast 33.15 fps
Apollo 35.10 fps
APFast 75.63 fps
Chronos 18.89 fps
CHFast 28.65 fps
Ryzen 9 7950X + GeForce RTX 4090
Artemisの処理速度:40fps以上が目標

▲Ryzen 9 7900XにGeForceミドルハイクラスのグラボ RTX 4070Ti」を組み合したデータを発見しましたが、フレームレートが全く伸びません。インテルCPUと同様の結果で、Topaz Video AIは、グラフィックボード性能が処理時間に直結していることがわかります。


旧世代のRyzen 9のベンチマークも集めてきました。

1920×
1080
Ryzen 9 5950X
GeForce RTX 4090
DDR4 64GB
V4.0.0
Ryzen 9 5900X
GeForce RTX 3080Ti
DDR4 32GB
v4.0.6
Ryzen 9 5950X
GeForce RTX 3080
DDR4128GB
v4.0.6
Ryzen 9 5950X
GeForce RTX 4070
DDR4 32GB
v4.0.8
Artemis 1X 31.33 fps
2X 12.31 fps
1X 22.72 fps
2X 11.38 fps
1X 22.26 fps
2X 10.03 fps
1X 17.30 fps
2X 9.04 fps
Iris 1X 35.17 fps
2X 13.61 fps
1X 21.47 fps
2X 11.86 fps
1X 19.71 fps
2X 10.98 fps
1X 18.14 fps
2X 9.13 fps
Proteus 1X 20.55 fps
2X 8.78 fps
1X 20.85 fps
2X 10.95 fps
1X 19.11 fps
2X 1.24 fps
1X 15.13 fps
2X 8.53 fps
Gaia 1X 15.55 fps
2X 10.35 fps
1X 8.06 fps
2X 5.58 fps
1X 6.79 fps
2X 6.97 fps
1X 6.19 fps
2X 4.11 fps
Nyx 1X17.50 fps 1X 9.79 fps
2X 8.01 fps
1X 8.63 fps
2X 6.97 fps
1X 7.33 fps
2X 6.17 fps
4Xスロー
Apollo 35.95 fps
APFast 60.74 fps
Chronos 30.44 fps
CHFast 30.35 fps
Apollo 32.11 fps
APFast 55.59 fps
Chronos 18.19 fps
CHFast 26.60 fps
Apollo 24.50 fps
APFast 53.50 fps
Chronos 15.11 fps
CHFast 24.85 fps
Apollo 26.83 fps
APFast 44.30 fps
Chronos 23.52 fps
CHFast 21.32 fps
Ryzen 9 5950X + GeForce RTX 4090
Artemisの処理速度:30fps以上が目標

▲AMD製CPUの場合、ZEN3世代の「Ryzen 9 5950X」は、GeForce RTX 4090と組み合わせた場合、Artemisのフレームレートは30fps付近で頭打ち状態になります。

次項で最新ミドルハイCPUとGeForce RTX 4090の組み合わせを紹介しますが、最新Ryzenならワンランク下のRyzen 7 7800X3Dと組み合わせた方が高フレームレートが引き出せます。新規でRyzen 9 5950Xを購入するのは控えた方が良さそうです。

Topaz Video AI ミドルクラスPCの処理時間

Intel Core i7

インテルのミドルハイクラスCPU「Core i7-13700K」とnvidia「GeForce RTX 4090」の組み合わせで、AIモデル「Iris」処理時のフレームレートが40fpsを超えてきます。

1920×
1080
Core i7-13700K
GeForce RTX 4090
32GB
V4.0.0
Core i7-10700K
GeForce RTX 3090
32GB
V4.0.2
Artemis 1X 23.97 fps
2X 10.63 fps
Iris 1X 41.09 fps
2X 19.89 fps
1X 22.19 fps
2X 11.08 fps
Proteus 1X 32.15 fps
2X 16.89 fps
1X 20.00 fps
2X 11.88 fps
Gaia 1X 15.11 fps
2X 10.19 fps
1X 7.94 fps
2X 5.30 fps
Nyx 1X16.84 fps 1X 9.54 fps
2X 7.77 fps
4Xスロー
Apollo 39.08 fps
APFast 84.83 fps
Chronos 30.92 fps
CHFast 33.59 fps
Apollo 25.97 fps
APFast 46.01 fps
Chronos 17.41 fps
CHFast 23.21 fps
Core i7-13700K + GeForce RTX 4090
Artemisの処理速度:40fps以上が目標

▲Core i7-13700Kのデータはサンプル1件なの断言できませんが、GeForce RTX 4090を組み合してもCPUがボトムネックになることはなさそう。コストパフォーマンスが良さそう!

AMD Ryzen 7

AMDミドルハイクラスのCPU「Ryzen 7 7800X3D」とnvidia「GeForce RTX 4090」の組み合わせで、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレートが40fpsを超えてきます。

1920×
1080
Ryzen 7 7800X3D
GeForce RTX 4090
DDR5 64GB
v4.0.5
Ryzen 7 7800X3D
GeForce RTX 4070
DDR5 32GB
v4.0.8
Artemis 1X 41.40 fps
2X 20.01 fps
1X 18.51 fps
2X 13.85 fps
Iris 1X 41.14 fps
2X 21.73 fps
1X 20.21 fps
2X 10.85 fps
Proteus 1X 35.72 fps
2X 14.94 fps
1X 17.73 fps
2X 12.44 fps
Gaia 1X 15.89 fps
2X 10.94 fps
1X 6.35 fps
2X 4.43 fps
Nyx 1X 17.11 fps
2X 15.02 fps
1X 7.535 fps
2X 6.50 fps
4Xスロー
Apollo 42.40 fps
APFast 89.83 fps
Chronos 32.12 fps
CHFast 36.74 fps
Apollo 28.25 fps
APFast 67.88 fps
Chronos 13.83 fps
CHFast 22.33 fps
Ryzen 7 7800X3D + GeForce RTX 4090
Artemisの処理速度:40fps以上が目標

▲Ryzen 7 7800X3Dのデータはサンプル1件なの断言できませんが、GeForce RTX 4090を組み合してもCPUがボトムネックになることはなさそう。コストパフォーマンスが良さそう!


CPUが1世代前のRyzen 7 5800X3Dは、GeForce RTX 4090と組み合わすと、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレートは30fps付近で頭打ち状態になります。CPUがボトムネックになっていそうな予感です。

1920×
1080
Ryzen 7 5800X3D
GeForce RTX 4090
DDR4 32GB
v4.0.4
Ryzen 7 5800X
GeForce RTX 4080
DDR4 32GB
v4.0.7
Ryzen 7 5800X3D
GeForce RTX 4070Ti
DDR4 64GB
v4.0.4
Ryzen 7 5800X
GeForce RTX 3070Ti
DDR4 16GB
v4.0.4
Artemis 1X 33.47 fps
2X 12.65 fps
1X 30.00 fps
2X 11.74 fps
1X 24.25 fps
2X 12.09 fps
1X 15.03 fps
2X 10.43 fps
Iris 1X 42.44 fps
2X 14.61 fps
1X 32.29 fps
2X 13.33 fps
1X 26.19 fps
2X 12.96 fps
1X 15.22 fps
2X 8.26 fps
Proteus 1X 28.37 fps
2X 10.97 fps
1X 21.53 fps
2X 9.40 fps
1X 22.26 fps
2X 11.48 fps
1X 14.40 fps
2X 8.65 fps
Gaia 1X 15.90 fps
2X 11.15 fps
1X 10.88 fps
2X 7.52 fps
1X 8.34 fps
2X 5.73 fps
1X 5.25 fps
2X 3.63 fps
Nyx 1X 19.10 fps
2X 14.45 fps
1X 12.88 fps
2X 10.98 fps
1X 9.53 fps
2X 8.18 fps
1X 6.30 fps
2X 5.26 fps
4Xスロー
Apollo 37.32 fps
APFast 64.60 fps
Chronos 34.05 fps
CHFast 31.77 fps
Apollo 34.71 fps
APFast 48.64 fps
Chronos 24.46 fps
CHFast 26,98 fps
Apollo 35.07 fps
APFast 67.20 fps
Chronos 18.83 fps
CHFast 27.70 fps
Apollo 21.22 fps
APFast 51.89 fps
Chronos 12.35 fps
CHFast 18.94 fps
Ryzen 7 5800X + GeForce RTX 4080
Artemisの処理速度:30fps以上が目標

▲Ryzen 7 5800Xに組み合わせるGPUは、GeForce RTX 4080が無駄です。コストを抑えて、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレート30fps付近を狙うのが賢い選択ですね。

Topaz Video AI ロークラスPCの処理時間

Intel Core i5

インテルミドルロークラスのCPU「Core i5-13600K」とnvidia「GeForce RTX 4090」の組み合わせで、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレートが40fpsを超えてきます。

1920×
1080
Core i5-13600K
GeForce RTX 4090
32GB
V4.0.1
Core i5-12500
GeForce RTX 4060
64GB
V4.0.8
Core i5-13500
GeForce RTX 3060
64GB
v4.0.4
Artemis 1X 40.13 fps
2X 18.77 fps
1X 10.21 fps
2X 7.26 fps
1X 8.20 fps
2X 6.04 fps
Iris 1X 41.09 fps
2X 19.89 fps
1X 11.08 fps
2X 5.81 fps
1X 8.16 fps
2X 4.80 fps
Proteus 1X 32.15 fps
2X 16.89 fps
1X 9.62 fps
2X 6.90 fps
1X 7.95 fps
2X 5.25 fps
Gaia 1X 15.11 fps
2X 10.19 fps
1X 3.44 fps
2X 2.32 fps
1X 2.62 fps
2X 1.86 fps
Nyx 1X16.84 fps
2X 13.31 fps
1X 4.12 fps
2X 3.55 fps
1X 3.26 fps
2X 2.73 fps
4Xスロー
Apollo 39.08 fps
APFast 84.83 fps
Chronos 30.92 fps
CHFast 33.59 fps
Apollo 15.68 fps
APFast 40.31 fps
Chronos 8.18 fps
CHFast 12.60 fps
Apollo 12.40 fps
APFast 35.34 fps
Chronos 6.49 fps
CHFast 10.86 fps

▲サンプルが1件だけなので確実ではありませんが、コストパフォーマンスが良さそうです。

AMD Ryzen 5

AMDでミドルロークラスの1世代前のCPU「Ryzen 5 5600X』は、ハイスペックなグラフィックボードと組み合したデータを発見できませんでした。

1920×
1080
Ryzen 5 5600
Radeon RX7800XT
DDR4 32GB
Ryzen 5 5600X
GeForce RTX 3070
DDR4 32GB
v4.01
Artemis 1X 13.81 fps
2X 7.66 fps
1X 13.30 fps
2X 7.97 fps
Iris 1X 14.45 fps
2X 8.42 fps
1X 13.72 fps
2X 7.32 fps
Proteus 1X 13.29 fps
2X 7.39 fps
1X 12.95 fps
2X 6.32 fps
Gaia 1X 6.07 fps
2X 4.078 fps
1X 0.83 fps
2X 3.31 fps
Nyx 1X 5.43 fps 1X 5.62 fps
2X 4.75 fps
4Xスロー
Apollo 14.89 fps
APFast 40.07 fps
Chronos 9.88 fps
CHFast 15.230 fps
Apollo 17.83 fps
APFast 42.74 fps
Chronos 10.77 fps
CHFast 16.63 fps

Ryzen 5 5600XとGeForce RTX 4090を組み合したデータは見つけられませんでした。

現在私はRyzen 5 5600Xを愛用中なので、グラフィックボートをRTX 4070Ti SUPERあたりに換装し、Artemisで25fpsあたりを狙ってみたいです。

RTX4070Tiを自腹購入して独自検証

Ryzen 5 5600Xと組み合わす

というわけで、RTX4070Tiを購入しました。Topaz Video AI標準のベンチマークで、Ryzen 5 5600Xとの組み合わせで「Artemis 25 fps」が目標です。40fpsを狙う場合はCPU性能がボトムネックになりそうですが、25fps程度ならボトムネックにならない予測です。

独自テストの結果

バージョン:4.1.2 テスト日:2024年2月15日

Ryzen 5 5600XとRTX4070Tiのベントマーク結果です。Artemisのフレームレートは、予想値をわずかに上回る26.28fpsを記録しました。当初「8コアの5700Xあたりに換装しなくては?」と思っていましたが、その必要はなさそうです。

Topaz Video AIでArtemis30fps程度を狙うのであれば、i9/7・Ryzen 9/7などは必要なく、クロックの高い6コアCPUとの組み合わせにより実現できることが判明しました。

Topaz Video AIに特化したハイコスパPCを導入するなら、CPUをインテルi5やRyzen 5などでコストを抑えつつ、グラボは思い切ってRTX4070Tiを導入するのがオススメです。RTX4070Tiはデュアルエンコーターを搭載しているので、動画編集ソフトの書き出しも有利になります。

Ryzen 5 5600X + RTX4070Ti

CPU温度
(CPU使用率100%)
GPU温度
(CUDA使用率93%)
消費電力
最大64度 最大75度 最大410W

PCスペックと目標フレームレート

海外データから集計したマシンスペックと目標フレームレートを一覧表にまとめました。

Core i9
13世代以降
Ryzen 9
7900番台
Ryzen 9
5900番台
Core i7
13世代以降
Ryzen 7
7800番台
Ryzen 7
5800番台
RTX4090 Artemis
40 fps
Artemis
40 fps
Artemis
30 fps
コスパ悪い
Artemis
40 fps
Artemis
35 fps
Artemis
35 fps
RTX4080 コスパ悪い コスパ悪い コスパ悪い Artemis
30 fps
Artemis
30 fps
Artemis
30 fps
RTX4070Ti コスパ悪い コスパ悪い コスパ悪い Artemis
25 fps
Artemis
25 fps
Artemis
25 fps
RTX4070 コスパ悪い コスパ悪い コスパ悪い Artemis
17 fps
コスパ悪い
Artemis
17 fps
コスパ悪い
Artemis
17 fps
RTX4060Ti コスパ悪い コスパ悪い コスパ悪い Artemis
13 fps
コスパ悪い
Artemis
13 fps
コスパ悪い
Artemis
13 fps
RTX4060 コスパ悪い コスパ悪い コスパ悪い Artemis
10 fps
コスパ悪い
Artemis
10 fps
コスパ悪い
Artemis
10 fps
※公式掲示板に掲載されたベンチマーク値から集計しました。自己責任でお願いします。

最高性能を目指すなら

CPU:Core i9 13900番台以降・Ryzen 9 7900番台
グラフィックボード:RTX4090
AIモデル「Artemis」フレームレート:40fps

最高性能をコスパ重視で目指すなら

CPU:Core i7 13700番台以降・Ryzen 9 7800番台以降
グラフィックボード:RTX4090
AIモデル「Artemis」フレームレート:35〜40fps

コスパ重視で目指すなら

CPU:Core i7 13700番台以降・Ryzen 7 7800番台以降
グラフィックボード:RTX4080
AIモデル「Artemis」フレームレート:30fps

コスパを最優先するなら

CPU:Ryzen 7 5800X
グラフィックボード:RTX4080 → AIモデル「Artemis」フレームレート:30fps
グラフィックボード:RTX4070Ti → AIモデル「Artemis」フレームレート:25fps

Mac

Topaz Video AIを高速処理する場合、アップルM1/M2/M3プロセッサーのポテンシャルを引き出せていないようです。Apple M2 Ultraでも、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレートは20fpsを引き出せう、コストパフォーマンスが著しく悪くなります。

Topaz Video AIで処理するなら、Windows機を導入すべき状況にあります。

1920×
1080
Apple M3 Max
36 GB
v4.0.4
Apple M3
24 GB
v4.0.3
Artemis 1X 11.42 fps
2X 7.01 fps
1X 6.20 fps
2X 4.01 fps
Iris 1X 10.33 fps
2X 1.92 fps
1X 4.47 fps
2X 0.62 fps
Proteus 1X 11.10 fps
2X 6.31 fps
1X 5.64 fps
2X 3.64 fps
Gaia 1X 3.47 fps
2X 2.47 fps
1X 2.03 fps
2X 1.45 fps
Nyx 1X 3.58 fps
2X 3.27 fps
1X 1.58 fps
2X 0.95 fps
4Xスロー
Apollo 12.29 fps
APFast 50.21 fps
Chronos 3.93 fps
CHFast 6.56 fps
Apollo 8.06 fps
APFast 32.88 fps
Chronos 2.26 fps
CHFast 3.62 fps

Apple M2 Ultraを投入しても、20万円クラスのWindows機に負けてしまう現実です。

1920×
1080
Apple M2 Max
96 GB
v4.0.6
Apple M2 Ultra
128 GB
v4.0.4
Apple M1 Ultra
64 GB
v4.0.7
Apple M1 Max
32 GB
v4.0.7
Artemis 1X 11.82 fps
2X 6.86 fps
1X 19.45 fps
2X 10.45 fps
1X 13.33 fps
2X 9.10 fps
1X 9.32 fps
2X 5.94 fps
Iris 1X 8.38 fps
2X 3.72 fps
1X 11.13 fps
2X 3.39 fps
1X 11.77 fps
2X 4.16 fps
1X 6.70 fps
2X 2.93 fps
Proteus 1X 11.02 fps
2X 6.56 fps
1X 18.71 fps
2X 9.26 fps
1X 13.21 fps
2X 8.39 fps
1X 9.16 fps
2X 5.61 fps
Gaia 1X 3.45 fps
2X 2.31 fps
1X 7.06 fps
2X 4.49 fps
1X 4.18 fps
2X 3.07 fps
1X 2.84 fps
2X 32.02 fps
Nyx 1X 3.78 fps
2X 3,66 fps
1X 5.91 fps
2X 5.49 fps
1X 4.97 fps
2X 4.51 fps
1X 3.63 fps
2X 3.29 fps
4Xスロー
Apollo 12.51 fps
APFast 44.37 fps
Chronos 3.73 fps
CHFast 4.06 fps
Apollo 23.11 fps
APFast 67.38 fps
Chronos 6.54 fps
CHFast 8.00 fps
Apollo 14.83 fps
APFast 55.40 fps
Chronos 4.45 fps
CHFast 6.64 fps
Apollo 10.01 fps
APFast 33.97 fps
Chronos 3.09 fps
CHFast 5.42 fps

参考

AMD Radeonとの組み合わせは良くない

Topaz Video AIを高速処理する場合、AMD製グラフィックボード「Radeonシリーズ」ではソフトウェアのポテンシャルが引き出せないようです。

Radeon最強クラスのGPUを搭載しても、AIモデル「Artemis」処理時のフレームレート30fps程度で頭打ちになります。AMD Radeonシリーズの新規購入はオススメできない状況です。

Nvidiaビデオカードの基本性能

メモリ
容量
メモリ
バス幅
CUDA
コア数
クロック NVENC 電源
RTX4090 GDDR6X
24GB
384bit 16384 2230MHz 2基 450W
RTX4080 GDDR6X
16GB
256bit 9728 2205MHz 2基 320W
RTX4070Ti GDDR6X
12GB
192bit 7680 2310MHz 2基 285W
RTX4070 GDDR6X
12GB
192bit 5888 1920MHz 1基 200W
RTX4060Ti GDDR6
12GB
128bit 4352 2310MHz 1基 165W
RTX4060Ti GDDR6
8GB
128bit 4352 2310MHz 1基 160W
RTX4060 GDDR6
8GB
128bit 3072 1830MHz 1基 115W

RTX4090・RTX4080・RTX4070Tiは、NVENC(ハードウェアエンコード&デコード)が2機搭載されています。

動画編集ソフトがハードウェアエンコードに対応していれば2基のNVENCを駆使して高速書き出しできます。動画志向の人は、RTX4070Ti以上の導入を検討したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました