タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDは動画撮影に最適!

新製品&ニュース

引用 https://www.tamron.jp

どもっ!

タムロンからソニーEマウント互換レンズ28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(Model A071)の発売が発表されました。

発売日は2020年6月15日

28mm/F2.8スタートの高倍率スームは旅行用を想定しているようですが、個人的には動画用の万能スームレンズだと思います。

開発コンセプト

 

引用 https://www.tamron.jp

タムロンは、ソニーEマウント(フルフレーム)互換レンズとして、 すでにF2.8通しの大三元レンズ3本と、リーズナブルな価格の単焦点レンズを発売済みです。

今回発売された28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(Model A071)は、高倍率を特徴にしたレンズとして個性をアピールしてきました。

広角域の28mmでは単焦点レンズに匹敵するF2.8を実現しながら、望遠端の200mmでは及第点に収まるF5.6を実現。

高倍率ズームレンズということで画質の劣化が気になるところですが・・・

光学レンズに特殊硝材LD (Low Dispersion:異常低分散) レンズXLD(eXtra Low Dispersion)レンズを用いることで諸収差を大幅に抑制。

反射防止効果の高いBBAR (Broad-Band Anti-Reflection)コーティングも採用し、逆光時の風景撮影で発生しやすいゴースト・フレアを低減。

画像については及第点に収まりそうな予感ですね。

引用 https://www.tamron.jp

最短撮影距離は広角端で0.19m望遠端で0.8m。

高い近接撮影能力を発揮。

高倍率ズームは寄れないの悪いイメージを払拭!

引用 https://www.tamron.jp

レンズ側の手ぶれ補正機能は省略されています。

旅先の夜景撮影時に28mm/F2.8が絶大な効果を発揮してくれるでしょう。

 

焦点距離と絞りの関係(メーカー公称値)

28mm 50mm 100mm 200mm
Model A071 F2.8 F3.5 F4.5 F5.6

追記 海外ブログ情報 引用 https://www.sonyalpharumors.com

24mm 28mm 35mm 50mm 70mm 100mm 135mm 200mm 240mm
A071 F3.5 F4.0 F4.5 F5.6 F6.3
SONY
24-240
× F2.8 F3.2 F3.5 F4.0 F4.5 F5.0 F5.6 ×

カメラ内レンズ補正前提の光学設計?

タムロンの製品紹介のページに下記の記載があります。

*2 カメラ内レンズ補正機能をオンにして撮影をお楽しみください。
引用 https://www.tamron.jp

カメラ内部のレンズ補正を前提にした光学設計のようです。

画像の歪みを程度割り切る(電子補正)ことで、明るさを実現したということですね。

サイズと重量

レンズの大きさは、長さ117mm、質量575g。

小型・軽量設計ですね。

フィルター径は、F2.8通しの大三元レンズ3本と共通のφ67mmで統一されています。

NDフィルターやPLフィルターを共有できるのが嬉しい配慮です!

AF駆動モーター

オートフォーカス性能の要になるフォーカス用モーターは、高速・精密なステッピングモーターユニットRXD(Rapid eXtra-silent stepping Drive)を搭載。

RXDはモーターの回転角度を精密に制御できるアクチュエーターで、ダイレクトにフォーカス用レンズを駆動。レンズ位置を高精度に検出するセンサーを組み合わせることで高速かつ精緻なAFを実現。

動画撮影時の静粛性に優れ、駆動音が気になる場面で効果を期待します。

ソニーαシステムとの互換性

タムロンのソニーEマウント(フルフレーム)互換レンズは、ソニーのライセンス契約のもと設計・生産されています。

ネイティブ対応しています。

下記のカメラ主要機能に対応することを明記しています。

・ファストハイブリットAF
・瞳AF
・ダイレクトマニュアルフォーカス (DMF)
・カメラ内レンズ補正 (周辺光量、倍率色収差、歪曲収差)
・カメラによるレンズ本体ファームウェアアップデート

 

タムロンの大株主がソニーだけに、このあたりの風通しは良さそう。

ユーザーにとっては嬉しい配慮ですよね。

仕様

モデル名 A071
焦点距離 28-200mm
明るさ F2.8-5.6
画角(対角画角) 75°23′-12°21′
レンズ構成 14群18枚
最短撮影距離 0.19m (広角) / 0.8m (望遠)
最大撮影倍率 1:3.1(広角) / 1:3.8 (望遠)
フィルター径 Φ67mm
最大径 Φ74mm
長さ 117mm
質量 575g
絞り羽根 7枚 (円形絞り)
最小絞り F16-32
標準付属品 花型フード、レンズキャップ
対応マウント ソニーEマウント用
希望小売価格 90,000円(税抜)

生産国はベトナムのようですね。

70-180mmは中国製だったはずですが、徐々にベトナム生産にシフトしていくのでしょうか。

実売価格

2020年6月11日時点、価格.comを調査しました。

初売り価格は77,200円でした。

カメラのキタムラや三星カメラは、同一価格で販売を開始するようです。

追記 マップカメラの初売り価格も77,200円で登録されました。

ビックカメラは85,800円+8,580ポイント還元ですね。

まとめ 動画撮影の決定版レンズ?

動画撮影時に「高倍率ズーム」が1本あると撮影が楽になります。

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(Model A071)は、明るさが必要なシーンでは28mmF2.8で収録。近接撮影に優れているので、広角域で背景ボケを引き出すことができます。

望遠域はフルフレームで200mmまで対応できます。

ビデオカメラに比べて背景のボケ味が演出できそうでうね。

さらに!!!

動画撮影はaps-cモードを積極的に利用できます。換算300mmの望遠撮影に対応できます。

高速なAFと静音フォーカスということで動画撮影にぴったりです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました